大塚玲奈の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大塚玲奈のプロフィール

大塚玲奈、おおつか・れいな。日本の起業家。2歳から10歳までアメリカで過ごす。その後帰国し喘息を患ったのをきっかけに環境問題に関心を持つ。一橋大学在学中、カリフォルニア大学バークレー校へ交換留学。大学卒業後、リクルートに入社。同者に数年勤務したのち、環境グッズ販売とエコ技の情報を発信するウェブサイト『エコトワザ』を設立し社長に就任。

私が生きている間に、環境問題のすべてを解決できるとは思いません。でも、日本には20代から30代の女性が1500万人もいます。そのうちほんの1割の暮らしを変えられたらと、そのための道具をエコトザワ提供しているつもりです。彼女たちはこれから子供を産み、育て、きっと子供たちにも同じ思いを伝えてくれる。時代を超えて、つないでくれるでしょう。


エコトワザの事業はオンラインショッピングですが、思いに共感してくれる仲間をつなげて、環境問題に取り組む輪を広げていくことがミッションです。


環境問題は個人、企業、政府、みんなが誰かのせいにしています。そうじゃなくて、「私は生活をこう変えます。だから、みなさんも一緒にどうですか?」と言わないと、環境問題は絶対解決しません。


アメリカ同時多発テロが起きた当時、カリフォルニアの国際学生寮にいました。いろんな国の人がいて、お互いに責めあうような雰囲気になりました。そのとき、寮長さんが学生を集めてこんなスピーチをしました。「憎しみは連鎖していくものです。でも、あなたたちはそれを止める人になりなさい」と。


昔から根がガキ大将なんです。それに寂しがり屋。小学校から前職まで、全ステージの友達と付き合いがあります。一度できたつながりは断ちたくないですから。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ