大久保彦左衛門の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大久保彦左衛門のプロフィール

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

電光朝露、石火のごとくなる夢の世に、なんと人生を送ろうとも、名誉より大切なものはない。人は一代、名は末代と心得るべし。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ