大久保佳代子の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大久保佳代子のプロフィール

大久保佳代子、おおくぼ・かよこ。日本のタレント。愛知県出身。千葉大学文学部文学科卒業。お笑いコンビ「オアシズ」としてデビュー。バラエティ番組、テレビドラマなどで活躍。

出演する番組一つひとつを大切にして、かなりエネルギーをかけて臨みました。「この番組では、自分は何を求められているんだろう?」というのを、一生懸命探していましたね。今、私を多く使っていただいているのは、求められていることを「尻軽」にやれるからなんだと思います。自分で言うのもなんですが(笑)。


前のめりになって、「よし、これを言ってやる!」と思っているとスベることが多い。それよりも、流れに乗っかって、ヘラヘラとゆるく構えているほうがウケるんです。同じように、目標を立てるのではなく、その場その場に対応していくのが、私にとっての成果を出す方法ですね。


失敗はいまだにします。うまくタイミングをつかめなかったり、トークがスベったり、とっさにうまく返せなかったりして、落ち込むことはあります。そんなときは、次の仕事で取り戻すしかありません。


まだ何もやっていないし、このままで終わるはずがない。そんな根拠のない自信を持っていたんです。だから、「二足のわらじを履いて苦労したね」とよく言われるのですが、全然そんなことはありませんでした。会社とお笑いとの両方に逃げ道があるから、むしろラクでした。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ