夏原武の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏原武のプロフィール

夏原武、なつはら・たけし。日本のルポライター、漫画原作者。千葉県出身。大学中退後、10年近くすさんだ生活を送る。その後、ビデオ専門雑誌編集者を経て、裏社会や詐欺などについて専門に取材するフリーのルポライターとなる。また、漫画の原作者としても活動し『伝説の頭 翔』『クロサギ』『逃亡弁護士』などの原作を担当した。『クロサギ』は小学館漫画賞一般向け部門を受賞し、テレビドラマ化された。主な著書に『サギの手口』『踏み倒しの手口』『現代やくざに学ぶ最強交渉・処世術』など。

詐欺師に騙されないようにするのは、実は簡単なことです。一晩おいて、冷静に考えればすぐに怪しいとわかる詐欺がほとんどです。また、現場を見に行くことも基本です。それが土地の売買であれば、現地を見に行く。投資の話であればもらった名刺の電話番号に電話したり、事務所を訪ねてみるのもいいでしょう。


おかしな話ですが、詐欺は信頼が命です。いかに人を説得して、信用してもらうかが勝負となります。そこで説得に利用されるのが、私が「三種の神器」と呼ぶ3つの仕掛けです。

  1. 既存の金融商品とどことなく似ていて、かつわかりやすいシステム。
  2. 芸能人などの派手な広告等。
  3. セレブ感たっぷりな会場などの舞台装置。

不景気になると詐欺が増えるのは、将来に不安を感じる人が増えるためです。手元の虎の子を何とか手を付けずに、なんとか手を付けずに増やしていきたいと切実になり、「元本保証、高利回り」という常識で考えればありえない手段で運用しようと考えます。中途半端な知識を持っていることもかえって危険を招きます。


バブル時代から20年の月日が流れようとしていますが、ここ5から6年でまた投資系の詐欺の話を耳にする機会が増えてきました。怪しい儲け話に乗ってしまう人には共通点があります。まず小金を持っていること。普通の詐欺師は本当の大金持ちと貧乏人は相手にしません。多少の余裕資金はあるが、この超低金利のご時世に、普通預金で運用しているのはバカバカしいと思っているなら要注意です。さらにいえば、将来に不安があるか、何かしらコンプレックスを持っていることです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ