堀田庄三の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

堀田庄三のプロフィール

堀田庄三、ほった・しょうぞう。日本の銀行家。住友銀行頭取。愛知県出身。京都帝国大学経済学部卒業後、住友銀行に入行。東京事務所所長、取締役、常務取締役、副社長などを経て頭取に就任。20年間住友銀行のトップを務め、合理主義的経営を行った。堀田イズムと呼ばれた合理主義経営や強いリーダーシップを発揮したことから「堀田天皇」と呼ばれた。そのほか、経済同友会代表幹事などを務めた。

人間は、見えないものだ。人を評価するとき、自分の目で見きわめるのはもちろんだが、その上司、同僚や同期、さらに部下の意見さえも聞いて判断しなさい。人の能力や個性はそれくらい見えないものだ。


嫌いだったけれど、私は彼らの能力を買って使ってきた。
【覚書き|名誉会長に退いたとき、ある会食で堀田氏が現役役員の中で嫌いな人物の名前を列挙していった。上記はその後に続けた言葉】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ