坂東玉三郎(5代目)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

坂東玉三郎(5代目)のプロフィール

坂東玉三郎(5代目)、ばんどう・たまさぶろう。歌舞伎役者、俳優、映画監督、演出家。東京都出身。6歳のときに小児麻痺後遺症のリハビリのため舞踏を開始。7歳で初舞台を踏む。14歳で五代目坂東玉三郎を襲名。数々の賞を受賞し、日本を代表する歌舞伎役者となった。

進歩するには背伸びも必要でしょうね。ちょっとずつ背伸びして、その時の自分よりも装って発言したり行動する。そして次にその背延びが嘘でないように努力するわけです。たとえば階段を上がる時にかかとが上がるでしょ?あのくらいずつ背伸びして階段を上がっていく。あのくらいなもんですよ。あれを三段四段跳びあがると背伸びではなくなってしまう。ちょっとずつでいいと思うんです。かかとが上がるように背伸びしていかないと進歩しないんです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ