哀川翔の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

哀川翔のプロフィール

哀川翔、あいかわ・しょう。日本の俳優、歌手。徳島県出身。5歳のときに海上自衛隊幹部だった父と死別。鹿児島県に移る。高校卒業後上京し、東京工学院専門学校を卒業。路上パフォーマンス集団「劇男一世風靡」に所属し、歌手やタレントとして活躍。その後、Vシネマや映画、テレビドラマで活躍。とくにVシネマでは100作以上で主演を演じ、Vシネマの帝王と呼ばれた。主な受賞に日本映画プロフェッショナル大賞 最優秀主演男優賞、DVシネマ大賞 最優秀主演男優賞、日本映画批評家大賞 ベストパーソナリティ賞、日本アカデミー賞 優秀主演男優賞ほか。

俺はね、いままで仕事を休んだことは一度もないんだよ。どんなに体調が悪くても、撮影現場には必ずいく。高熱にうなされていたって、メイクして撮影が始まっちゃえば、体調の悪さなんて絶対に画面には出さない。仕事で手を抜くっていうのが、気持ち悪くて嫌いなんだ。というよりも、もし仕事で手を抜いちゃったら、自分という人間に冷めちゃう気がするね。そうなったら引退するしかないよ。


仕事をやり遂げた先に、その結果として別の何かがある。そんな生き方が、俺には一番合っているよ。


いままで計画的に人生を歩いてきたわけじゃないし、計画してもそのとおりにいかないことのほうが多い。だから、これからも「やってもらえませんか」と頼まれた仕事に手を抜かず取り組んでいくだけだよ。そうい意味で俺は、「求められたい人間」なのかもしれない。


Vシネマで100本撮れたのだって、日々自分が仕事を100%楽しんだ結果だから。だから、気がつくと1年で300日撮影なんて年もあったよ。周りはびっくりしているけど、自分としては「そうだったの」って感じだね。


20代前半の一世風靡セピアのころは、死ぬんじゃないかなと思うくらい働いたよ。とくに一世風靡の場合、自分たちですべて演出を考えていたから、事前のミーティングの回数もハンパじゃなかった。どうすれば観客に喜んでもらえるか、そのために何をすればよいのか。本当に毎日、頭も身体もクタクタだったね。でも、自分がいいと思うことを続けていれば、仕事がまた新しい仕事をもってきてくれる、そんな感じがするね。


詳しい理由はわからないけど、眠れない奴っていうのは、あんまり働いていないんじゃないのかな。俺は働きすぎというのは、何時間働いたから、というんじゃなくて、本人がよく働いたと思えば、それは働いたことになると思う。それで、成果が挙がらないとしたら、それはその仕事のやり方が悪いだけだよ。仕事を一生懸命やるのも大事だけど、仕事のやり方を考えるのも同じように大事だからね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ