向笠千恵子の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

向笠千恵子のプロフィール

向笠千恵子、むかさ・ちえこ。日本のフードジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業。農水省・食アメニティコンテスト審査会長、同省・農山漁村の郷土料理百選選定委員、郷土料理伝承学校校長などを務めた。『食の街道を行く』でグルマン世界料理本大賞・紀行本部門グランプリを受賞。

日本各地の食文化は、土地ごとの気候風土、人々の暮らし向き、伝承文化などによって育まれており、食をたどるほどにその土地を深く知ることにつながっていきます。


和食の魅力を伝えるには、まずは自分が好きな和食を極めることから始めてみてはどうでしょう。私が生まれ育った日本橋にはすき焼きの名店が多く、私はすき焼きが大好き。それが高じて全国のすき焼きを食べ歩き、本まで著しましたが、調理法から味つけ、食材まで日本全国さまざまで、実に奥が深いのです。まずは自分の好きな料理をとことん食べ歩き、自宅でも作ってみる。また、旅に出かけたときはその土地で伝わる味にふれてみる。そうすることで、和食や日本の食文化の知識が自然と身につき、食の楽しみもぐんと広がっていくことと思います。


料理を味わうだけでなく、食卓にのぼるまでにたどってきた歴史や伝統まで考えることで、食の感動は深みを増します。和食は日本を知ってもらう第一歩になるのではないかと思います。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ