吉野俊昭の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉野俊昭のプロフィール

吉野俊昭、よしの・としあき。日本の経営者。ロート製薬の社長。静岡県出身。甲南大学法学部卒業後、ロート製薬に入社。執行役員ヘルスケア第一営業部長、取締役、ヘルスケア事業本部長、マーケティング本部長、東京支社長、常務などを経て、社長に就任。

新商品の開発でも、新事業の推進でも、これは「よろこビックリ(喜びと驚き)かどうか」を常に問いかけています。その意識をすべての関係者に徹底させるのが私の使命です。先頭に立って旗を振りながら、今後はより積極的な海外展開も仕掛けていきたいと思います。


現在は医薬品以外に、化粧品、食品などの事業を行っていますが、どの事業でも、薬品の研究開発で培った経験と技術が「よろこビックリ(喜びと驚き)」の素になります。化粧品でも食品でも、ただ飾るだけ・食べるだけではなく、肌や健康のための機能を加えることで、ロート製薬が手掛ける意味が出てくるのです。


創業以来の経営理念は不変ですが、具現化するための表現方法は、時代によって変わります。ロート製薬のいまのコーポレートスローガンは、「よろこビックリ誓約会社」です。ちょっと軟派な印象を受けるかもしれませんが、「よろこビックリ」は「喜びと驚き」であり、それを生み出すことを約束する会社であり続けるという、そんな意味が込められています。


私が入社した当時の社長はよく「ロートの人はどこか違う。そう言われる人間になってほしい」と話していました。奇をてらうだけではなく、「自分たちを支えてくれる自然や社会、人間に感謝の気持ちを持ち、他にはない製品を送り出すことで、世の中に新しい価値を提案できる会社であれ」という意味です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ