吉留真の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉留真のプロフィール

吉留真、よしどめ・しん。日本の経営者。大和証券SMBC社長。鹿児島出身。鹿児島大学法文学部卒業後、大和証券に入社。大阪支店事業法人第一部長、大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ(のちの大和証券SMBC)執行役員・名古屋支店長、常務、大和証券グループ本社専務執行役ホールセール部門副担当、大和証券SMBC専務などを経て社長に就任。

昼間の会議では意見を言うことは少ないものです。夜、全員を飲みにつれていって、いろいろな意見や本音を聞く。それが大切なんです。


これまで私が経験していない分野のことをいろいろ知りたい。そして現場の人たちを含めて意見交換をしたい。それは社長になったときに決めていました。たとえば、債券、株式、投信などを扱っている商品本部の仕事は、私には未経験です。社長に就任してすぐに、ライン部長と部署の全員とミーティングをやらせていただいた。海外拠点を回るのも、その延長なんです。


いまのアジアの状況は、攻めて、攻めて、攻めまくらないと勝てない局面なんです。いま攻めないと勝てない。手遅れになってしまうと思っています。あとは自分が攻められて終わりです。当然ですが、やはりその局面において、いろいろな作戦を考える必要があります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ