吉田晴乃の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田晴乃のプロフィール

吉田晴乃、よしだ・はるの。日本の経営者。「BTジャパン」社長。慶應義塾大学文学部卒業後、モトローラ日本法人、カナダの通信会社、NTT米国法人、NTTコミュニケーションズ(営業課長)、ベライゾン・コミュニケーションズ(日本法人営業本部長)などを経てBTジャパン社長に就任。

ワークライフバランスを考える方もいるでしょう。でもそうであればこそ、仕事もプライベートも体当たりすべき。


上司と正面切って対話することは、非常に大切です。そのときはもう胸元に突っ込んでいく。とはいえ、上司を傷つけないように気を付けるべきです。


グローバルな競争の世界では、何もしなければ、そこで餓えて死んでいくだけ。


飛行機は空気の抵抗力がなければ飛べないし、加速もできません。いわば自分のスピードが出れば出るほど、さらに抵抗も強くなる。


心得ておくべきことは、とにかく悪口であれ、批判であれ、絶対利用してやろう、全部肥やしにしてやろうという姿勢を持つこと。


20代、30代は自分の力を惜しみなく使って、仕事に体当たりしたらいい。痛い思いをして成長していくことも大事。


私のような外資の企業にいると、キャリア形成は個々人に責任があるというスタンスです。自分の仕事に対する中長期の目標や研修プランはあなたから発信しなければなりません。成長するも成長しないも遊ぶもあなた次第。


注意すべきは「あなたを信用しています」「あの課長だけは信頼できる」というような、その人のすべてを盲信してしまう態度です。というのも、いったん関係がこじれたときに、人格すべてを否定してしまう危険があるからです。そうならないためにも、人格ではなく、個々の成果物に対する意見を聞けるような、いい距離感を保つべきなのです。


会社は、ステークホルダーからお金を借りて、利益の一部を返すという集団です。それを構成するのが部であり、課であり、あなたのチームであり、あなた個人なのです。あなたはこのゲームで、どんな役割なのか、結果を出すためにどんな約束をしたのか。そこを考えた瞬間に、自分が何をしなければいけないかがわかるはずです。


50代以上になれば、やはり生物学的にブレーキがかかってしまう。気持ちは前向きでも、できないことが出てくるのです。だからこそ、若いときは懸命に働いたほうがいい。


「上司の評価が低空飛行」ならば、まず、あなたが会社から何を求められているのか、もう一度考えてみるべきでしょう。上司は必ず、あなたに望んでいる仕事の優先順位と成果に基づいて評価するからです。


どんな小さな仕事でも会社にとって、どんな意味があるのかを基準に判断する癖をつけておくべきでしょう。自分だけで決められないときは、上司に相談すればいい。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ