吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)のプロフィール

吉田典生、よしだ・てんせい。日本のコミュニケーションコンサルタント。三重県出身。関西大学社会学部卒業。テレビ制作会社を経て出版プロダクションに入社。就職情報誌の編集、採用・就職支援事業などの業務に携わったのち独立。人材育成、組織、キャリア開発などのテーマを中心に執筆やコンサルティングを行っている。著書に『会社をぶっ壊して、チームを創ろう!』『ビジョンマッピング~やる気を創る技術~』『「できる人」で終わる人、「伸ばす人」に変わる人』『なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?』『「できる部下」を育てる コーチング・ノート』『部下力~上司を動かす技術~』『40歳からの人生を簡単にする99のコーチング』ほか。

私は「真のリーダーとは、できる人ではなく、伸ばす人」と言ってきました。後輩のわからない、できない状況に目を向け、そこからわかった、できた状況へと伸ばしてあげる。そうした意識を持つことは、真のリーダーシップを身につけるために大切な要素といえます。


細かいアドバイスがなくても、後輩は自分で課題を見つけて、解決に向けて動き出そうとする段階に差しかかると、先輩の役割は後輩に自分はできるという成功体験や達成感を少しでも多く味あわせることになります。営業の仕事でいうと、少し難しいけど頑張れば注文が取れる、そんな会社に行くよう部下を仕向けると良いかもしれません。


「それは違う!」「こうすべきだ!」などと、細かく指示を出さないこと。せっかくの部下の積極性に足かせをはめるような結果になりかねません。あくまで後輩がさらに自信を深める環境を用意してあげるのが先輩の役割です。


やってはいけないのは、モチベーションが低下している部下に、「頑張れ!」「もっと営業先を増やせ!」などと厳しい言葉を発することです。後輩が自分のスキルやノウハウが不十分だと自覚している状況で厳しい言葉を投げかけても、逆効果なのです。あくまで対話の姿勢を忘れてはいけません。


後輩たちが遭遇する多くの悩みは、この会社に入社してよかったのか、自分がやりたい仕事はこんなことだったのかなど、明確に答えが用意されていないものばかりです。したがって「こうしたらいいよ」などと、先輩も簡単にアドバイスできないものです。小手先のテクニックに頼るのではなく、先輩には部下と本音で語り合って欲しいものです。いま先輩である人にも、多かれ少なかれ後輩と似た経験はあるはずです。そのころの自分を振り返って、「僕も入社して、いまの君のような時期があった」などと切り出せば、部下にとっても悩みを打ち明けやすいはずです。そのためにも、先輩対後輩という関係だけでなく、この先輩に相談したいと思われる関係づくりを日ごろの対話を通じて築いておきたいものです。


心がけたいのは漫然と「この仕事をやるように」と指示を出すのではなく、ひとつひとつの仕事の背景までを含めて教えてあげることです。たとえば、営業のアポ取りの場合でも、営業部全体の仕事の流れの中で、アポ取りは何のために必要か、それによって部の営業成績や会社の業績にどう結び付くかなどと説明していきます。すると後輩も、自分に何ができなくて、これから何を身につけるべきかを正確に理解できるはずです。


後輩を伸ばすために大切なのは、「ビジネスの現場では、人の成長サイクルに共通した特徴がある」ということを理解することです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ