吉田仁志の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田仁志のプロフィール

吉田仁志、よしだ・ひとし。日本の経営者。神奈川出身。米国タフツ大学卒業後、伊藤忠商事に入社。在職中にスタンフォード大学大学院コンピュータサイエンス研究科修了、ハーバード大学経営大学院でMBA取得。米国ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに入社。同社日本法人立ち上げを行い、日本法人社長を務める。その後、ノベル日本法人社長、ノベル米国本社上級副社長などを務めたのち、SAS Institute Japan社長に就任。

営業で大事なことは3つあります。それは『しつこさ、しつこさ、しつこさ』です。とはいえ、単に粘ればいいというものではありません。どうしたらお客様の役に立てるかを考え、10個ぐらい興味を惹きそうな話題を用意して売り込みに行くわけです。そうしてお客様の反応を伺いながら、スイートスポットに当たった話題を深掘りしていくのです。大切なのは、絶対に諦めないことです。


仕事をする上で常に心がけてきたのは、「人が作ったものは変えられる」と認識すること。仕組みでも制度でも、何でもおかしいと思ったら変えればいい。また、自分のキャリアには自分で責任を持つこと。最終的に、会社や上司は自分のキャリアの支援はしてくれても面倒はみてくれません。


伊藤忠での仕事やアメリカでの経験を通じて、会社を動かすのは経営陣だということを身に染みて感じていました。自分は人に動かされるよりも、動かすほうに回りたい。そう思ったんです。


いまやっていることが、目標に対してどう貢献するかを常に考えるということが必要です。たとえばMBAの入学願書一つをとっても、用意された質問に答えるだけでは、10数倍の競争を勝ち抜くことはできません。まず自分のアピールポイントを考え、質問への回答はそれを表現する手段として考えるべきなのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ