司馬遷の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

司馬遷のプロフィール

司馬遷、しばせん。中国前漢時代の歴史家。太初暦の制定や、通史『史記』の執筆を行った。左馮翊夏陽県竜門(のちの陝西省韓城市 芝川鎮)出身。9歳ごろから学問を始め、20歳頃から中国内を旅して回った。その後、武帝に仕え『史記』を執筆。将軍李陵を擁護したために武帝の怒りを買い投獄された。その後釈放され、役人として勤めながら『史記』を完成させた。

自分は死を恐れない。あの事件の時、死を選ぶのは実に簡単だったが、もし死んでしまっては自分の命など九頭の牛の一本の毛の価値すらなかった。死ぬことが難しいのではない、死に対処することが難しかったのだ。死んでしまえば史記を完成させることが出来ず、仕事が途中のままで終わるのを自分はもっとも恥とした。
【覚書き|武帝の怒りを買い、宮刑(生殖器を切られ投獄させられる刑)に処せられたときを振り返っての発言】


すべて意見を述べるにあたり大切なことは、説く相手の誇りとする点を誇張して、恥とする点をすべて述べないようにする言い方を心得ることにある。相手が失策だったと気付いていることは、その過失を極言してはいけない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ