古屋兎丸の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

古屋兎丸のプロフィール

古屋兎丸、ふるや・うさまる。日本の漫画家。東京出身。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。アーティストとして様々な芸術活動を行ったのち漫画家に転身。月刊漫画雑誌『ガロ』でデビュー。

「表情を描くってどういうことなんだろう」って、いまだに悩んでます。


何をやるにしても確信を持ってやっていないんですよ。やりながら「いいのかなこれで」と常に思っていますね。


「自分にないもの」に対するコンプレックスは常にある。もっと上手くなりたいなと思います。


だいたいは苦しいんですよ。だいたいは面倒くさいし、「これやりたくないな」というページばっかりなんですよ。でもやっぱり、読んでくれている人がいるから頑張ろうって思います。


自分の上手さに自信がないというか、自分の絵に自信がないから、いろんなことをやってみることによっていい絵が出来るんじゃないかって、「もがき苦しんでいる」と言った方がいいのかもしれないですね。


僕はあんまり、アングラなものを描こうとか、そういう意識がそんなにはないんですよ。僕、あんまり血の出る映画とか観ないんですよ。でも、そこまで描かないと伝わらないものもあるなと思うんです。この作品の表現にとって、何が一番いいのかと考えるのが一番。


「風のそよぎ」とか「シワの変化」とか微妙な動きを出したい。そこに読んでいる人が気づいて、余韻を深めてくれたらいいな。「さわっ」って感じを出したい。


ギャラが出る出ないとか全然関係なく、もう載っているだけでうれしくて。それより以前は、自分でお金を出して展覧会場を借りて、自分でダイレクトメールを刷って、それに比べたらタダで発表できているということのありがたさ。タダな上に、何千人、何万人という人が読んでくれているという、その感動というのはすごくありました。
【覚え書き|デビュー作がノーギャラだったことを振り返っての発言】


(漫画を描くということは)「発見の集積」なので、僕が漫画を描くのを休めないのはそこが一番大きい。たぶん半年休んだら、その集積の何割かを忘れちゃうだろうなと思うんですよ。だから休めない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ