原孝の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

原孝のプロフィール

原孝、はら・たかし。日本の組織戦略コンサルタント。東京出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、新聞記者として活動後、原孝事務所を開設して独立。大学改革、企業改革に携わる。また、若者の教育などの問題に対して言論活動を行っている。そのほか早稲田大学講師、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター管理委員兼運営委員、何でも自由に喋る会主催者などを務めた。主な著書に『大学で自分を見つけた』『人間関係が一瞬で変わる自己表現100』『喋りたい若者たち喋らせない大人たち』『その言い方では、人はついてこない やる気を確実に引き出す感情表現スキル』など。

人は自分が好意を抱く人よりも、自分に好意を示してくれる人と親しくなる行動傾向を持っています。この行動傾向は、上司にも部下にも当てはまります。たとえ鬼のような上司でも、部下から好意を示されると嫌な気はしないものです。


媚を売るようなリーダーがマネジメントしても結束力は強化できません。


論理力がいくらあろうと、自分を開くことのできない人間に人は心から寄ってきません。論理は困難という名の壁に弱いのです。壁にぶち当たったとき、リーダーに人間力がないとメンバーは次々と逃げていきます。


人は決断する際に納得を得たいと思います。その納得は論理と感情とが混ざり合って成り立っています。そして、リーダーは論理を研ぎ澄ますことも大切ですが、論理よりも0.1ミリでも感情を上回らせることはもっと重要です。


大胆な発想や鋭い論理だけでは、人は寄ってきません。日常レベルの誠実さをこまめに実行することで、他者からの信用は徐々に積みあがっていきます。いつの時代の成功者も、他者への気配りをときとして苦しく感じるものの、肝に銘じて実行してきたのです。


相手がまずやったら次に自分がやるなどと躊躇しているようでは、人を動かす人物にはなれません。最初の一歩はまずあなたが踏み出すべきです。


人は親しい人に自分の私的なことを話します。すると、その人も自分に私的なことを話すようになります。これを自己開示互恵性の原則と呼びます。自己開示こそ他者に最大の好意を伝える行為です。


論理と感情をひとつの方向性で束ねなければ、経済活動は短期間での失速を招き、社会貢献活動も地域に根付かない独りよがりの活動を招いてしまいます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ