南原清隆の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

南原清隆のプロフィール

南原清隆、なんばら・きよたか。日本のコメディアン、俳優、落語家、狂言師、キャスター。香川県出身。高校卒業後、横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科に入学。同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。以後「ウッチャンナンチャン」として二人で活動。お笑い番組だけでなくバラエティ番組司会、スポーツキャスター、記者、落語、狂言など幅広い分野で活躍。「現代狂言」主宰。

結果は後からたまたまついてくるものと考えて、そこにたどり着くまでの過程が面白いと考えた方がいい。結果を見ないことです。たとえば、視聴率○%という目標があったとして、「じゃあどうしたらいいか」とみんなで考えて、挑戦してみることに意義があります。


ものごとの本質が何なのかよく考えるようにしています。情報を鵜呑みにしないということですね。情報の先に何があって、それによってどうなるのかというところまで理解しようと心がけています。


「いつも見ているよ」ということを伝えるようにしています。「ここ、この前と変えてよくなったね」など、気にかけているということを言葉で知らせるんです。手ごたえがないと不安になることもありますが、見ていることを伝えると、「じゃあもう一工夫してみよう」と思えますよね。僕も演出する側とされる側、両方の立場を経験していますからわかるんです。


みんなで同じイメージを共有できているかどうか、同じ絵を描けているかどうか確認する。大事な部分を共有したら、アドリブなどそれ以外のところは任せる。その代わり、もし成功すればその人の手柄です。あえて任せることでいい結果が出ることも多いです。


任せることも大事です。「ここは任せた、まずは一回やってみなさい」と相手に預ける。そうすると、相手も必死で考えます。


演出などに関していえば、みんなの意見を聞きつつ、自分の意見をしっかり言ことをう心がけています。否定しないで受け止めながら、「こういうのはどうかな?」というスタンスです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ