千利休の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

千利休のプロフィール

千利休、せんの・りきゅう。戦国時代の商人、茶人。日本茶道の創始者。茶聖、茶湯の天下三宗匠の一人と呼ばれた。和泉国(のちの大阪府)出身。若い頃から茶の湯に親しみ、師匠たちとともに茶の湯の改革に取り組む。織田信長、豊臣秀吉に仕えた。秀吉に重用されたが、逆鱗に触れ切腹させられた。茶の湯に「わび」の概念を取り入れ発展させた。

規矩(きく)作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 本(もと)を忘るな
【覚書き|守破離の意味を簡潔に表現した句】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ