北澤俊和の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

北澤俊和のプロフィール

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

人並みの努力では、人並みの仕事しかできませんし、部下にも尊敬されません。


いまの時代は、企業社会に限らず、何かひとつの分野で秀でた人材でなければ、サバイバル・レースに生き残れません。要するに、自分の超得意分野を見つけ、磨きをかけることが求められます。


汗を流してお金をもらう。そうした苦労体験を通じてこそ、自分に向いている仕事や、自分の超得意分野を見つけることができます。


部下の指導で悩む前に「自分がプロとして尊敬される人物になれ」ということです。ただ、それは一朝一夕には無理でしょうから、この部分においては自分の自分が「後輩の鑑」になるくらいの人間になること。それが小手先の指導テクニックを学ぶよりも、真っ先に目指すべきことだと思います。


たしかに、最近の新入社員の言動には、不可解なことが多いです。新入社員指導に悩み「いったいどんな指導をしたらいいのでしょうか」と聞かれることがよくあります。そんなとき私は「あなたにはどんな能力があるのですか」と聞き返します。要するに問題は、後輩を指導できるだけの能力を持っているかなのです。能力もない先輩の言葉には、何の説得力もありません。


インターンシップにしても、企業側は得てして、お客様を迎えるように学生を扱い、学生側も社会見学みたいな気分で働きます。これではまったく意味がありません。学生自身の意識改革が求められると同時に、これからは大学と企業、産学協同で学生の就職を支援していくことが求められます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ