加藤昌治の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤昌治のプロフィール

加藤昌治、かとう・まさはる。日本の宣伝マン。博報堂PR戦略局部長などを務めた。日本PR協会PRアワード・グランプリを獲得。著書に『考具』『アイデア会議』『アイデアパーソン入門』『企画のプロが教える「アイデア講義」の実況中継』。

市場のちょっとした変化に気がつく洞察力を磨くことが、今までにない商品やサービスのアイデアを生み出すことにつながる。


細かな違いに着目することで、新製品の可能性が生まれる。


自分では「つまらない」と感じるものでも、他の人が「面白い!」と判断することがよくある。


プライベートの経験は仕事でのアイデア出しに大きく貢献してくれる。アイデアのヒントになるからです。


発想力を鍛えるためには、インプットの量を増やすことも欠かせません。新聞やネットなどで情報を集めることも大切ですが、日々の生活習慣で、必要な情報はインプットできる、と私は考えています。その一つが「お金を使うときには、できるだけ知らない物や事を買う」。たとえば、ランチに行くなら、毎日同じ店に行かずに別の飲食店に行ってみる。あるいは、同じ店でも、毎回違うメニューを頼むのです。また、お弁当を買うにしても、今まで食べたことのない種類に挑戦してみましょう。「同じ時間とお金を使うなら、できるだけ違ったものを」です。それだけで新しい経験や発見が手に入ります。これを積み重ねていくと、ちょっとした違いに敏感になってきます。


「発表するからには、それなりのレベルにしないとまずい……」と思うかも知れませんが、その考え方は、良いアイデアを生み出すどころか、障害になると言っても過言ではありません。会議の参加メンバーが、あなたのアイデアに触発され、違うひらめきをして、面白いアイデアがその場で生まれてくることもあります。人に見せなければ、このような機会も失われます。これは大きな損失でしょう。


斬新なアイデアを次々と出す人などほぼいない。一発ですごいアイデアを出すのは、一握りの天才だけ。普通の人は、アイデアを20~30個出したうち、面白いアイデアが1つか2つあれば、上出来でしょう。ですから、「斬新なアイデアがすぐ出てこない」と思い悩む必要はまったくありません。平凡でも、つまらなくても良いので、とにかくたくさんのアイデアを出すことです。


斬新なアイデアを効率よく生み出すには、「斬新なアイデアを生み出そう」という考えを捨てること。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ