加藤宣明の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤宣明のプロフィール

加藤宣明、かとう・のぶあき。日本の経営者。「デンソー」社長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本電装(のちのデンソー)に入社。冷暖房企画部長、総合企画部長、取締役、常務役員、デンソー・ヨーロッパ社長、デンソー専務取締役などを経て社長に就任。

大切なのは当事者意識を持って悩みを共有し、軸がブレないようにすること。


お客様のお困り事を素直にお聞きし、ニーズを冷静に吸い上げる。そうした声を社内にフィードバックし、そこから生まれた「答え」をお客様にご提案するのが当社の仕事。


当社では、社員が自主的に考えて仕事を進めるボトムアップの文化を大切にしています。


「部下に仕事を任せなさい」と口酸っぱく言っても、なかなかそうはなりません。それよりも、社員によるアイデア発表会などのような具体的な機会を通じて若手のやる気を促すことのほうが、「自ら考えて仕事をする風土」の醸成には大きな効果があるのではないかと思っています。


自分の仕事は自分自身で考え、目標を立て、実行計画をつくって推進するのが当社の基本です。目標が未達成のときもあるでしょうが、そこで決めたことをやり切るように頑張ることが重要だと考えています。私も入社したころから毎年、自己申告で目標を立てて仕事に取り組んできました。


できない理由を並べ立てる人もいる。しかし中には「ここまでならできそうだ」と前向きに答えてくれる人もいる。そんな人たちと、とことん考え抜きました。


営業部はお客様の立場にも立たなければならないので、「このぐらいのコストでは駄目だ」とか「技術開発がまだ足りない」とかいう声を社内に伝えることになります。ところが事業部は、そう言われると、「きみたちはそんな安値でしか売れないのか」「(そういう声に)反論ができないのか」などと不満を抱き、それを放っておくと両者のあいだに軋轢(あつれき)が生じてしまうものです。そのためデンソー社内では、伝統的に「営事一体」という言葉が代々受け継がれてきているのです。私もことあるごとに、営業部と事業部は一体だと皆に言い聞かせています。「営事一体」は、私も入社してからずっと耳にしてきた言葉なので、ごく自然に体に染みついているのです。


当社には特徴的な組織体系があります。それは、営業部は各事業部に属さずに一本化していることです。これは事業部制を始めたころから一貫しています。営業部の独立的な立ち位置が、社外に対するクッションあるいは調整役となり、また社内的には各部門間に生じる壁を低くするうえで大いに役立っています。


当社では「事業グループ事業部制」と「地域本社制」という「縦軸」と「横軸」の関係でうまく話し合いながら事業を進めていくことを目標にしています。一方の軸だけでは、単眼的な見方になってしまいます。これだけ組織が大きくなると、事業軸だけでも、また地域軸だけでもマネジメントは不十分で、2つの軸を両立させつつ、本社の権限を極力、事業部および地域に渡していかなければならないと考えています。


事業グループ長には、「あなたは事業グループの社長だから、思ったように経営してください」と話し、日ごろの事業運営におけるほとんどの権限を渡しています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ