加藤嘉明の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤嘉明のプロフィール

加藤嘉明、かとう・よしあき。安土桃山から江戸時代の大名。伊予松山藩主を経て陸奥会津藩初代藩主。徳川家康の家臣の家に生まれるが、父が三河一向一揆に加担し三河から放逐された。その後、羽柴秀吉に拾われ、賤ヶ岳の戦いなどで活躍。賤ヶ岳の七本槍の1人に数えられた。秀吉の死後、関ヶ原の合戦では東軍として参戦、岐阜城、大垣城攻めなどで武功を挙げた。沈着冷静な戦い方から沈勇の士と称えられた。

真の勇士とは責任感が強く律儀な人間である。


武士は常に、自分をいたらぬ者と思うことが肝心だ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ