劉備玄徳の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

劉備玄徳のプロフィール

劉備玄徳、りゅうび・げんとく。後漢末から三国時代にかけての武将。蜀の初代皇帝。関羽・張飛とともに義勇軍を結成し、黄巾の乱の鎮圧などを皮切りに勢力を拡大。明時代の小説「三国志演義」で主人公として描かれている。大きな度量をもって部下を信頼し、部下・民衆から信頼された

これ賢、これ徳、よく人を服す。
【覚書き|息子の劉禅に対する遺書の一節。賢とは聡明さ、徳は人徳を表す。部下や国民を感服させ上手く用いるには、武力や権威ではなく聡明さや思いやりの方が重要だという言葉。関羽、張飛、諸葛亮などの有能な人物から信頼を受け国をつくり上げた劉備の人となりをよくあらわした発言】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ