前田正博(官僚)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

前田正博(官僚)のプロフィール

前田正博、まえだ・まさひろ。日本の官僚(経産省)、経営者。福岡県出身。東京大学経済学部卒業後、通産省(のちの経産省)に入省。茨城県副知事、通商政策局事務次官などを務めたのち退官。その後、日立製作所理事・上席常務、日立システムアンドサービス会長、中小企業基盤整備機構理事長などを務めた。

教育も大事ですが、それ以上にやる気や気迫、情熱が重要なんです。そういうものは研修では身に付きません。


「中小機構さんと付き合って良かった、ありがとう」とか言われるような、小さくても感動を与える仕事をしたいですね。仕事で感動を与えるためにはスピード感がなければいけません。


現場主義によってお客様のニーズに細やかに応えられるようになり、順調に現場主義が身についてきています。


良い製品やサービスを生み出せても、販路開拓の出口戦略がなければなりません。


私どもは中小企業の経営者の皆さんと一緒に仕事をするわけですから、経営の理解を深めるためにも経営センスを磨き続けなければなりません。


映画「風と共に去りぬ」の印象深いラストシーンで、ビビアン・リー演じるヒロインのスカーレット・オハラが失意の中、顔を上げ「After all, tomorrow is another day!(明日は明日の風が吹く)」と力強く言う。不況の中を立ち上がり乗り越えて行く中小企業には、そう言える勇気と気力を持ってほしいですね。


中小企業は変化の意識を持っていないといけない。不況になりました、昨日まで売れていたこの商品が売れなくなりました、商品が昨日と同じように売れるようにしてくれ、というのは違います。変化に対応して、商品に少し変化をつけて売上げを上げる努力をしなければいけない。


人間には能力と資質とあり、企業家魂は資質に分類されるかと思います。能力は勉強したり鍛えたりすれば身に付きますが、資質はそうはいきません。企業家魂を生み出すことはできませんが、磨き上げることならできる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ