前田利家の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

前田利家のプロフィール

前田利家、まえだ・としいえ。織田信長、豊臣秀吉に仕えた武将。槍の名手で、槍の又左と呼ばれた

合戦するとき、(兵力が)一万と三千は、その大将の考えで三千の方がたびたび勝つものである。そのわけは、小勢の方は(勝って生きるか、負けて死ぬか)二つに一つと兵士たちは覚悟しているからである。だから、大軍の大将は油断してはならない。


戦場に出でては、我が思うようにして、人の言うことを聞き入れぬが良し。


人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知るものだ。【覚書き|信長に取り入って権力を手中に収めようとした僧侶を斬り殺し、信長の怒りを買ってしまった時を振り返っての言葉。不遇な境遇になった時こそ、本当の友人、偽物の友人がわかり、友情のありがたさがわかるという趣旨の発言】


とかく金を持てば、人の世間も恐ろしく思わぬものなり。金がなければ世間も人も恐ろしくなるものなり。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ