前川正雄の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

前川正雄のプロフィール

前川正雄、まえかわ・まさお。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカーの前川製作所会長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、前川製作所に入社。38年に渡り同社の社長・会長を務めた。著書に『モノづくりの極意、人づくりの哲学 21世紀の「モノづくり」は日本を中心に回る』『世界を変える「場所的経営」 共創によるモノづくり立国の再興へ向けて』。

20世紀は物の生産性が重要でしたが、21世紀は知恵の生産性の勝負になります。そうなると、個々人が感覚知に長け、その感覚知の交流を促進する寄り合いのシステムが今も根づく日本の製造業の独壇場となります。特にハイテクは日本からしか生まれてこないでしょう。21世紀は再び、日本の時代になりますよ。


大切なのはまずは自分を捨てて相手の意見に耳を傾けること。結果、みんなが合意に達し、欧米でよくやる相手を打ち負かすための議論では望めない質の高い成果が得られます。うちでも、寄り合いそのものといえる三日三晩の合宿をよくやります。


縄文時代の石器や土器を見ると、非常に精密なことに篤かされます。個人の技ではなく、共同体の技でしょう。その頃から日本では共同体がしっかり根付いていたのです。大陸のように、大規模な戦乱がなく、平和が長く続いたことが大きいのではないでしょうか。我々は大陸国家に生まれなかった幸せをよほど噛み締める必要があります。


人間の優れた手技はどうしても機械では真似できない。ならば、自分がその技を体得するしかないと、彼は鶏の加工場に入り、見よう見まねでひたすら鶏をさばいたそうです。いわば機械設計者という「主」を脱ぎ捨て、鶏をさばく人という「客」になってみたのです。その結果、刃物を使い、肉を骨から切り離すのではなく、引きはがすという動作が鍵だということを体得し、その動作を機械で再現したところ、みごと製品化にこぎつけることができました。
【覚書き|骨付き鶏もも肉の自動脱骨ロボット「トリダス」の開発が暗礁に乗り上げたとき、20代の若手社員がブレイクスルーを起こし開発プロジェクトが達成された当時を振り返っての発言。彼とはブレイクスルーを起こした20代の若手社員】


禅は中国から日本に入ってきたものですが、中国の禅と日本の禅はまるで違うものです。中国の禅はひたすら座って思索するだけですが、日本の禅は思索の後に必ず行動を伴います。それが端的に現れているのが剣道や弓道、華道といった日本独自の稽古事の世界です。それらの基礎には禅が存在します。経営もそうで、何かに悩み、その解決策を徹底的に考えた後、その策を試すという行動が不可欠です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ