内藤裕紀の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

内藤裕紀のプロフィール

内藤裕紀、ないとう・ゆうき。日本の経営者。「ドリコム」社長。東京出身。京都大学経済学部在学中にドリコムを設立。同社を大きく成長させた。

私は会社の一番の理想形を先に考えます。そこからどうやったらそこへ辿り着けるかを逆算していくのです。


私はディズニーランドが好きなのですが、ディズニーランドはそれまでの生活と切り離されていて、例えばヤンキーもタバコをポイ捨てしないでちゃんと決められた場所に捨てています。つまり人というのは環境で変わるものなのです。


よく尊敬する経営者は誰かとか聞かれますが、わたしは三国志の登場人物の一人、「諸葛孔明」の名を挙げます。彼は「世間はこうなっていくだろう」と常に誰よりも一歩先を考えて行動する軍師でした。経営においても同様で、最小限のリソースで最大限の効果を発揮できるかだと思うのです。


描く夢が素晴らしければ、賛同してくれる人はいると思っています。いわゆるファンですね。このような良き理解者であるファンが増えたら嬉しいですし、これからもファンの方に支持されるよう、先を見据えて展開して行こうと思います。


ファンの人達というのは、会社がうまくいった時は喜んでくれ、下がった時も一緒に頑張ろうと思える人達だと思います。そういう人たちとやっていくほうが、誰のために頑張っているのかわかりやすく、私達も頑張り甲斐があります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ