八木原保の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

八木原保のプロフィール

八木原保、やぎはら・たもつ。日本の経営者。ニット専業メーカー「ジム」会長。埼玉県出身。高校卒業後、ニット製品卸売会社に入社。25歳で独立し、ジムを創業。そのほか、日本メンズファッション協会理事長、原宿神宮前商店会会長などを務めた。

若者のひたむきな姿を見ると、応援せずにはいられなくなる。


いつの時代にも個性を持った若者がいて、彼らが活躍することで社会が元気づく。私はそうした若者の可能性を引き出してあげたい。


私の人生は毎日が正面突破でした。


自分の力を過信せずに、堅実な経営を心掛け、地域社会にも、業界にも貢献できるようでなければならない。


うちの会社が残ってこられたのは、素材にこだわり、デザインにこだわり、クオリティの高い商品づくりに徹してきたから。


私が修業を積んだのは日本橋や浅草橋といった繊維問屋街でしたので、そうした場所で独立しても勝ち目がないと。それなら大手に巻き込まれるよりは、全く新しい場所で勝負してみようと考えた。
【覚え書き|ただの住宅街だった原宿で創業した当時を振り返っての発言】


1回着たら終わりという商品ではなく、品質が高く、着心地も良いし、お客様にまた買ってみたいと思ってもらえる商品を作り続けてきたから生き残ってきたのではないかと思います。


25歳で独立してから、無我夢中でがむしゃらに突っ走ってきました。その時から思っているのは、業界でピカイチになるためには規模の大小ではなくて、小さくても特徴のある、キラリと光る会社でいたいということをスローガンに掲げてきました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ