信太明の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

信太明のプロフィール

信太明、しだ・あきら。日本の経営者。アウンコンサルティング創業者。福島県出身。早稲田大学政治経済学部在学中からリクルートの教育情報雑誌の企画営業に携わり、大学卒業後リクルートに入社。その後、日本ネットワーク研究所の経営コンサルタント、ABCマートの運営本部部長などを経て独立。アウンコンサルティングを設立し、検索エンジンマーケティング(SEM)、検索エンジン最適化(SEO)などのサービスを軸に同社を急成長させ東証マザーズに上場させた。

海外進出にはリスクは当然あるし、死ぬ気でやらないと大変なことになる。安易な考えでは失敗する。


私の場合、最も集中でき、頭が冴える午前中を、主に経営課題をじっくり考える時間にあてています。


集中できないときは、いつも携帯情報端末に10個ほどストックしてある「気分転換になる仕事」をすることで思考にメリハリをつけています。そうした雑務をこなすうちに、またフッと気持ちが乗ってくる瞬間があります。そうしたら、再び思考に集中するのです。


パッと思いついた考えや、企画に役立ちそうな口コミ情報など、逐一、携帯情報端末に入力しています。せっかくいい考えを思いついても、記録しておかなければ、すぐに忘れてしまいます。その点、情報のストックさえあれば、どこでも集中して課題を考えることができます。


たとえば、新商品企画と新規事業案策定など、似たような仕事は一気にやった方が集中しやすいでしょう。


ここぞというときに集中力を発揮する習慣が身につくと、仕事の量や質は3~4倍は向上します。


ツイッターを使うことによって、週に一度の経営会議で審議に掛けていた2時間を、実質0時間にすることができた。極論を言えば公園で一息入れながらでも、テレビを見ながらでも、都合に合わせて、スキマ時間で議論に参加すればいい。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ