佐藤芳直の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤芳直のプロフィール

佐藤芳直、さとう・よしなお。日本の経営コンサルタント。早稲田大学商学部卒業後、株式会社日本マーケティングセンター(のちの船井総合研究所)に入社。早くから頭角を現し、29歳で部長に就任。1994年に上場企業最年少役員(当時)となり注目を集める。その後独立し、S・Yワークスを設立。著書に『リーダーは夢を語れ!部下を育て会社を伸ばすリーダーシップ』『勝ち組の戦略』『企業から家業へ!新しい顧客満足追求のマーケティング手法』『カスタマー・ロイヤリティの構築 お客の感動を創り続ける仕組みとは』ほか。

いま、日本は不安感に包まれています。経営者は価格競争のなかで疲弊し、競争優位性を探しあぐねている。そこから脱却するには、希薄化した顧客との関係性をつくり直すしかありません。社員とお客様との濃密な人間関係。これが企業を「何ものにも代え難い存在」にするのです。


人は誰しも役割をもっています。誰かに喜ばれるという、たったひとつの役割です。「仕事というのは誰かに喜ばれること」「経営というのはお客様に喜ばれること」。これを基軸にし、損得より善悪を優先する会社や人間には日々の成長があり、業容も着実に伸びていきます。


コンサルティングをしていて一番うれしいのは、顧問先からの「おかげで代をつなぐことができます」という言葉です。また「世の中にないものができました」という喜びの声です。例えば、全国80ほどの洋菓子店で採用されている「ラボ」もそうです。これはお客様が自らバースデーケーキを作れる店内スペースのことです。直接お店の利益向上に貢献するものではありませんが、子どもが親へ、親が子どもへケーキを作ることで、そこには必ず思い出や感動が生まれる。それが生涯顧客の創出につながるのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ