佐藤章(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤章(経営者)のプロフィール

佐藤章、さとう・あきら。日本の経営者。「キリンビバレッジ」社長。東京出身。早稲田大学法学部卒業後、キリンビールに入社。営業本部マーケティング部長、九州統括本部長、キリンビールマーケティング執行役員などを経てキリンビバレッジ社長に就任。

イノベーションだけではすぐに追いつかれる。時代に合わせて飲む「意味」を変えていく。


マネではないマーケティングをしない限り、本当の発展はなく、つぶし合うだけ。


異なる個性の人たちとチームを組むからこそ、最適解は見付かる。


チームをどう作って、どう動かすかが成功のカギを握る。


キリンらしさが何かをもう一度考えて、それを取り戻す。


私は「この指とまれ!」タイプのリーダーです。「俺はこれをしたい」という目的やゴールを投げかけ、興味のある人を集めてチームを作ります。


若いうちに経験した失敗は、必ず将来の役に立つ。


ヒットを打とうと考えたら、ヒットは打てない。合わせにいくと、差別化は小さくなるから。


二番煎じばかりだと、画期的な商品はつくれない。


常にホームランを狙ってきた。だからこれまでに二番煎じをやったことがない。


若いころから反骨精神が強く、営業現場でゴリラとかブルドーザーとか呼ばれていたが、これからも常にフロントライン(最前線)にいるつもりだ。


スタンスを思い切り大きくとってホームランを狙うべきだ。理論的に正しい優等生商品は売れない。大切なのは、開発者の意思を商品に封じ込めること。


僕のポリシーは「隗より始めよ」。僕自身が先頭を走り、社員には「走りながら考えよ」と訴えている。


僕のやり方は決まっている。お客様の不満を徹底的に聞き、解決策をいかに商品に投影するか、ということ。


雑多なメンバーがフラットな土俵でやりあったから、斬新な商品を開発できた。
【覚え書き|ノンアルコールビールテイスト飲料「フリー」開発時を振り返っての発言】


プロジェクトチームでは、リーダーをまず指名する。次に営業や生産、資材など社内はもちろん、外部からクリエーターやデザイナー、プランナーなど総勢10人ほどを招集。性別、年齢、経験、役職などによる優位性が一切ないフラットな組織とする。問題解決に向かうための仮設を設定し、徹底的に意見を出し合っていく。ただし、最終的にどうするかはリーダーがすべて決める。


どこ(の部署)からでも声をかけてもらえるように心がけ、事業のディテールを知っておくことが大切。でなければイザというときに決断ができないからだ。


就任後、営業や工場、商品企画など全国の現場を回るなかで、「広告が地味すぎる。もっと刺激的なものを」など生々しい意見を多数聞いている。商品のつくり方をはじめ、残すものは残し、変えるものは大いに変えていく。


以前、ラグビーの社会人チームに所属していました。その中で自分が目立たなくても、どうチームを勝たせるのかを考えたり、連続して攻撃を仕掛けたりすることの大切さを学びました。


15年前に5割程度だった1~5位のメーカーのシェアが8割まで上昇し、上位集中が進んでいます。上位メーカーがパワーゲームを展開する中で、少なくとも3位に入らなければ他社に影響を与えられる戦い方はできません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ