佐藤弘志の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤弘志のプロフィール

佐藤弘志、さとう・ひろし。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。神奈川県出身。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てブックオフコーポレーションに入社。取締役企業戦略室担当、店長、ブックオフメディア社長、ブックオフコーポレーション執行役員などを経て社長に就任。

人のために汗をかき、愚直に努力する人間が評価される。この企業風土が揺らがなければ、我々の会社も揺らぐことはないと思っています。


坂本(孝・創業者)から「誰と一緒に仕事しているのですか」とよく言われていたのですが、町田中央通り店店長をしていたとき、まさにその部分がすっかり飛んでいました。新しい試みばかりに目がいって、「俺はこの企画を成功させれば、名が上がるぞ」とばかり考えていた。でもそれはリーダーではありません。リーダーは一緒に働くスタッフから信頼されないといけません。


自画自賛になってしまうのですが、ブックオフには斜に構えた評論家や口だけで努力をしない人は見当たりません。人のために汗をかく人ばかりです。今後は、この強みを生かしながら、組織やチームとして動いていけるようにしたい。


うちのマネージャーは30代が中心で、ある程度仕事についてわかっていますし、見えてきています。やりたいこともあって、方法論も持っている。僕が彼らにしていることは、もうちょっとスピード上げたほうがいいよ、と言うことくらい。どうしても保守的になりがちなところで、促す程度です。チラシなど細かいディテールに関しては言わなければ言わないほど結果がいいんです。人が育っているからこそできたことです。


ブックオフのような会社は滅多にないと思うんですよ。経営計画発表会などで、若い社員が大の大人の心を打つことができる。そんな会社を私は他に知りません。怖いのは、業績も良くて、新しい事業も行っているが、根幹の文化や創業者の思いは薄れてしまっている、ブックオフをそんな会社にしてしまうことです。


これ以上は口出しをしちゃいけないラインがあることを実感しています。言いたいことはたくさんあるけれど、あまり細かいことを言うとスタッフが萎縮してしまう。どのあたりでやめておくのが一番結果がいいか、感覚的にですがわかってきたように思います。


ブックオフの現場には負けん気みたいなものがありまして、自立して動けるリーダーが30人います。この30人は創業者の坂本孝さんの置き土産なのですが、彼らが本当によく動いてくれて救われましたね。ここ目指して行くよ、と言ったらグッとついてきてくれる。これからの攻め方は自分や経営陣が考えなければならないことですが、彼らのためにも攻め方を間違えないようにしないといけません。


単価を上げて、売上げを上げるのはいいんですが、その後必ず客数が落ちてしっぺ返しがあります。その一方で値段を下げると粗利率が落ちます。社内では尾根道と言っていますよ。右に落ちたら粗利率が落ち、左に落ちたら客数が落ちてしまう。その間の細いラインを取っているような状況ですね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ