佐藤孝幸の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤孝幸のプロフィール

佐藤孝幸、さとう・たかゆき。日本の弁護士、公認会計士。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、外資系銀行に入社。バブル崩壊で次々と解雇されていく先輩の姿を目の当たりにし、危機感を覚え資格試験の勉強を開始。働きながら米国公認会計士資格を1年で取得。米国の大手会計事務所に転職。在米中に日本の司法試験の勉強を開始し、働きながら2年間の独学で合格。そのほか、公認内部監査人(CIA)・公認金融監査人(CFSA)などの資格を取得。佐藤経営法律事務所を設立し、企業法務を中心に活躍。そのほか、自らの経験から得た資格試験受験法を教えている。主な著書に『要領がいいと言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術』『出世するなら会社法』『ただいま授業中 会社法がよくわかる講座』『大人の勉強のやってはいけない!』『できる人の資格勉強法』など。

段取りが悪い一番の要因は、仕事の優先順位が付けられないことにあります。


ゴール時期が曖昧で、しかも長めに設定したスケジュールでは、計画を実行に移すのは難しいでしょう。


わからないことに悩み続けていても仕方がないので、少し走りながら考えて、方向性を見極めていくこともひとつの方法です。


反省というのは、自分の失敗を後悔することではありません。失敗と向き合い、どうすればその失敗を克服して次に進めるかを考えることです。つまり問題を解決するということです。


失敗から学べず、また学ぼうとしないのは、自分のやり方に固執しているからです。もし本気で自分を変えたいと思うなら、変化を恐れず、これまで自分がやってきたこととは違うことをやってみるといいと思います。


成果が見えていないと忍耐力が続かないものですが、悲しいことに、努力と成果は正比例しません。とくに、勉強などに関しては、私の経験からいえば、最初のうちは努力してもほとんど成果は現れず、ある地点を過ぎると急に成果が現れ始めます。ところが多くの人は、最初の段階で諦めてしまいます。もう少し待てば沸点に達するのに、待てない人がほとんどです。


いまできることも間を置いてしまえば、どんどんやらなくていい理由を探してしまいます。そして、あとでやらなきゃというプレッシャーを感じるとなおさらギリギリまで遠ざけてしまいます。だったらその日のうちに反省して、対策を立てて、翌日から実行する。改善点をすぐに見つけ出せば、日々の作業効率や勉強効率もすぐに改善されるはずです。


失敗しても反省を怠ってしまう人は、そもそも自分の行動を改善したくないのではないでしょうか。


ルールを決めておけば、ものごとに迷ったり、トラブルに巻き込まれたりといった余計なことに時間を費やされることがなくなります。ただしルールは完璧ではないので、失敗して方向転換が必要になったら、すぐに帰る柔軟性を持つことも大事だと思います。


込み入った仕事の内容を伝達する場合、メールよりも電話を使った方が間違いがありません。簡潔な文面から相手の真意を汲み取るのは無理があるからです。メールで込み入った仕事の内容をやりとりしようとすると、相手が送ってきた内容に対して、必ず質問が出てきます。それらを相手に確認しないで、文面から自分なりに判断して進めてしまうから、勘違いや誤解が生まれるのではないでしょうか。


自分の物差しや価値観で判断してしまったり、これまでの成功体験や先入観に縛られると、相手が本当に何を望んでいるのか理解できなくなってしまうことがあります。自分の価値観や先入観にはこだわらず、相手の立場に立って想像力を働かせることが大切です。


資格試験などで何も考えず勉強を始めてしまうと、ゴールやそこに至るまでの道筋が見えない状態で勉強をスタートしてしまうので、時間がかかり効率が悪くなってしまいます。


資格の勉強を始めるなら、どんなに難しい試験でも、直近の試験に申し込んで勉強を始めるべきです。目標に期限が設定されて初めて、何をどの程度勉強するのか、段取りを組むことができます。難しい試験なら、最初は必ずしも合格しなくてもいいでしょう。合格した科目は次に免除されるケースもあるので、そうすれば次の試験勉強に余裕が生まれます。


今年は忙しいからといって、来年になれば時間に余裕ができるとも限りません。何の確証もないまま、来年は時間的余裕が生まれるということを前提に計画を立てるのはナンセンスです。


大抵の仕事は上司やクライアントとの関係性の中にあり、自分だけの都合では進めることはできません。期日を守らないと誰かに迷惑をかけてしまう仕事や、相手のスケジュールに合わせて進めるべき仕事などは、緊急度の高い仕事として優先させるべきでしょう。


どんな仕事にも締め切りがあります。まずは一番早く提出すべき仕事を済ませ、それが終わってから2番目の期限の仕事を片付ける。納期に沿って仕事をすれば慌てることもありません。


資格試験のスタートは過去問を見ることから始めましょう。過去問を最初に見るのは、試験のレベルを読み解くためです。「このレベルが解けるようになれば、合格ラインだな」ということを認識することが大切です。また、選択問題なのか論述問題なのかといった質問と答えの傾向を知ることも重要です。こうした一連の作業で、試験のベースを確認することができます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ