佐藤卓(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤卓(経営者)のプロフィール

佐藤卓、さとう・たかし。日本の経営者。「野菜を食べるカレー camp」などを展開する「バックパッカーズ」社長。埼玉県出身。中央大学法学部法律学科卒業後、日産自動車に入社。日産自動車北米法人、スマイルズなどを経て「野菜を食べるカレー camp」を開店。

人に話せば、あとで「あの話はどうなった?」と聞かれるから自分を追い込める。


人間は成長するし、状況や情勢も変化する。締め切りや数値目標に柔軟な方が合目的的。


日本中で毎日のように新しくオープンする飲食店の大半は、はっきり言って開業当初の私の店より美味しいし、素敵です。でも残念ながら潰れてしまう店も、とても多い。それは身近に設定した目標が達成できなかったから、あたかも目的自体も達成できなかったと勘違いしているからではないでしょうか。


店をオープンして長らく、赤字すれすれの期間が続きました。売上という目標だけを見たらやめたくなるし、やめるべき。でも私は踏ん張った。目的に対してポジティブな要素がいろいろあったからです。


稼ごうと思ったら、1店舗もフランチャイズ展開せず、すべて直営で展開した方がよほど儲かる。でも、管理部門を手厚くするための時間や手間がかかるから、しない。


私は「合目的的」なんですよ。「現代日本の国民食であるカレーを、革新的な調理法で健康的かつ最先端な食事として進化させ、世界中の人々に知ってもらう」。この目的に合う行動かどうかということに対しては、私は極めて貧欲で忠実。その下にぶら下がる目標や計画を変えることは躊躇しない。


「寿司」「天ぷら」といったステレオタイプの和食ではなく、今の日本を表した料理を世界に知らせたいと思った。第三者が聞いたら、完全な妄想(笑)。でも当時の私は真剣で、身近で、かつ海外に「輸出」していない日本のカレー文化に目をつけた。


会社員時代に経験がありますが、目的は「予算」や「期日」といった目標に落とし込みます。その時、「目的達成につながる」という理屈をつけているけれど、単なる数字あわせに終始したという経験を何度もしました。それは下手したら、目的達成を阻害することすらある。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ