佐橋滋の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐橋滋のプロフィール

佐橋滋、さはし・しげる。日本の官僚。大正時代、岐阜県出身。東京帝国大学法学部卒業後、商工省(のちの経済産業省)に入省。陸軍経理学校卒業、主計少尉、主計中尉、総務局労働課長、繊維局紙業課長、生活物資局紙業課長、通商産業省通商繊維局綿業課長、仙台通商産業局総務部長、通商産業省石炭局炭政課長、通商産業大臣官房秘書課長兼通商産業省研修所幹事、通商産業大臣官房考査官、重工業局次長、重工業局長、企業局長、特許庁長官、通商産業事務次官などを歴任。そのほか、余暇開発センター理事長などを務めた。

武道の場合、平常心のある人は相手のどんな些細な動きにも対応できるが、平常心のない人は必ず相手に乗ぜられてしまいます。経営でも同じです。心にゆとりがなくセカセカ忙しく平常心を描いていたのではロクな経営はできません。経営者がやたら忙しいのは、自慢にならないんです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ