住友政友の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

住友政友のプロフィール

住友政友、すみとも・まさとも。江戸時代の商人、僧。のちに住友財閥を形成した「住友家」初代。越前国(のちの福井県)出身。武家の次男として生まれる。12歳で京都に移住。涅槃宗開祖・空源に弟子入りして僧になる。一心不乱に修行し、高弟になる。その後、涅槃宗が江戸幕府の意向で天台宗に吸収されたことを期に僧籍を離れ、45歳で商売を始める。出版、薬販売などの事業を行った。

人がどのようなことを言おうとも、短気を起こして言葉を荒げてはならない。落ち着いて重々しく話すこと。


商いは言うまでもなく、あらゆることに心を込めて取り組むこと。


何にしても、世間の相場より安いものを持ってこられた場合、その素性がわからないようなものは、絶対に買ってはならない。そのようなものは盗品だと心得よ。


編み笠ひとつでも預かってはならない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ