伊藤美恵の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤美恵のプロフィール

伊藤美恵、いとう・みえ。日本のPR専門家。東京出身。アパレルブランドを中心としたブランドコンサルティングとPR会社WAGの創業者。また、広報・PRのプロを養成するための「エファップ・ジャポン」を設立し、学長として後進の指導にあたっている。フランス政府より芸術文化勲章シュヴァリエを授章した。

現状に満足したら終わり。このことは、私自身、いつも思っていることです。


コミュニケーションの基本は、相手の立場に立ちながら、自分の考えをきちんと話すことです。


仕事をするには、ハングリーであることが必須です。野心のない人と話していても、つまらないし、疲れるだけ。


いまの若い人は、親にもあまり叱られたことがないでしょ。でも私は容赦しない。叱るときはしっかり叱る。それで、めげるようでは芽がない。悔しがって、見返してやろうと思うくらいじゃないと、世界を相手にしたビジネスはできないのです。
【覚書き|学生を厳しく叱る理由について語った言葉】


心配性な人は、最悪の事態を常に念頭に置いて、先手先手を打って対応しようとすることが多いものです。そしてそれが、一定の成果を出す、大きな原動力になることも多い。そうして考えると、心配性であることは、ビジネスパーソンとして決してマイナスではありません。考えようによっては、十分プラスになるはずです。もちろんクヨクヨしてばかりいては何も始まりません。大切なのは、一見マイナスに思えることをいかにプラスに転化させていくかではないでしょうか。


「これでいい」「これで十分だ」と思ったことは、これまでに一度もありません。それよりも、「まだまだ至らなかった」「これからもっと頑張ろう」という思いの方がずっと強い。


クチコミの効果は最初の一人がどれだけ面白がって話すかで決まります。


行列をつくるためには、秘訣こそあっても絶対的な法則はありません。しかし、何よりも大切なのは、誰もやっていないことを情熱をもってやること。そうすれば自ずと消費者に伝播し、クチコミの渦が起こるのです。


最初の反響が大きいほど、飽きられるスピードは早いというのが常です。飽きさせないためには、露出を絶やさないよう新しい話題を提供し続けなければなりません。


悪いクチコミにどう対応するか。これが蔓延すると、行列はおろか、企業に致命的なダメージを与えかねません。悪いクチコミには2種類あります。ひとつは罵詈雑言やクレーム。もうひとつが「飽きられるクチコミ」です。


罵詈雑言やクレームを防ぐには、PRだけではなく、店頭における顧客対応からクレーム対応まで一貫した姿勢を持つことが重要です。そのためには、企業のトップから販売員、電話対応のスタッフまでが顧客に対して同じ熱量で接すること。これはPRの成功のために何より必要な要素です。


ライブマネキンというアイデアを実践しました。ショーウィンドウに、生身の女性モデルをマネキンに見立てて陳列するという仕掛けです。本物の人間なので時々動きます。これに気づいた渋谷の道行く女性たちが反応し、携帯電話のカメラで撮影しはじめました。一度人が立ち止まったらしめたもの。人が人を呼び、あっという間に人だかりになりました。とくに女性には、携帯電話で撮影したものをツイッターやブログ、メールを使って友人たちに広げたいという習性があります。噂は倍々に広まり、瞬く間に店頭の行列へとつながったのです。


消費者にどう訴え、店へと導くか。そこには4つのポイントがあると考えています。

  1. 最初に誰へ、どのようなメッセージを伝えるか。
  2. 「目」や「耳」に訴えること。
  3. ツイッターやブログに書きたくなる仕掛けをつくること。
  4. 悪いクチコミにどう対応するか。

私が思うに、日本人がとても不得手なことが2つあって、ひとつは自分のことを上手にアピールすること。グローバル化がますます進む世界で、自己アピールする術を身につけることは、とても大切です。もうひとつは、本人の前でその人を評価して褒めること。日本人は照れてしまって、どうしてもぎこちなくなってしまう。でも、外国のビジネス―パーソンはごく自然に褒め称え、その人の気持ちを心地よくしてくれます。


マイナスな気持ちをプラスに変えるには、やはり目先の仕事の努力を怠らないことでしょう。それから、常に現状に満足しないこと。私は人にも厳しいけれど、自分にも常に厳しくあろうと思っています。


自分のモチベーションの状態を自覚し、たとえば下がっていると思うのなら、親や友人と話すときでも、意識的に競争心を持つなどして、高めようと心がける。これはいわば訓練で、自覚的に続けることで、モチベーションを下げない、あるいは高いまま維持することは可能だと思います。


謙虚であることが美徳とは、私は全然思わない。ただし、常識は必要です。私の言う常識とは、礼儀や配慮のことです。たとえば、学生が大勢いるのに、講師の先生を一人独占して、質問攻めにするのは配慮に欠ける行為です。こうした学生も私は叱ります。ビジネスパーソンにとって、野心と常識の両方が求められるというのが私の持論です。


私は決断するのは本来苦手ですし、そもそも決断という言葉も好きじゃありません。でも二つの会社の経営者で、学校の学長でもありますから、当然、決断すべきことはたくさんあります。それで自分なりに気持ちを切り替える方法を見つけたんです。その日の最後に1~2時間、仕事以外のことに没頭するのです。私は企業小説、とりわけ高杉良さんの小説とサスペンスドラマが大好きです。だから、夜寝る前に、それらを読んだり観たりします。この時間はとても貴重で、仕事のことを一切忘れてどっぷり浸かります。そうすると、いったん頭が空っぽになってスッキリします。それで気持ちがリフレッシュして、重要な決断にも向き合えるようになります。


モチベーションを高いレベルに維持するのは、確かに難しい。うちの学生を見ていても、そのことは痛感します。入学時はみんな高いモチベーションを持っているけれど、夏休みを過ぎるころには、マンネリになってガクンと下がる。それ以降は、もう一度高めてくる人、下がったままの人、アップダウンの激しい人に分かれます。だから私は、「すぐにモチベーションを回復できなくても、最低限、自分はどういうときにモチベーションが下がっているのか、気が付く努力だけはするように」と、学生たちにはよく言っています。


うちの学校では、企業に学生を派遣することがあり、「ほかにも行きたがっている人がいるのに、自分だけ行くのは申し訳ない」なんていう学生がいます。そんな学生を私は叱りつけるんです。「何言ってるの。卒業したら、みんな、競争相手よ」と。実際、そうですから。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ