今川聖の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

今川聖のプロフィール

今川聖、いまがわ・きよし。日本の経営者。ポータルサイト運営会社エキサイトの社長。上智大学外国語学部卒業後、伊藤忠商事に入社。情報産業部門ビジネスソリューション部長などを務めたのち、子会社のエキサイトへ出向。非常勤取締役、取締役副社長などを経て、社長に就任。

部下とのコミュニケーションで心がけていることは「短く伝える」ことです。一度に伝えることは3つまで。短い文章にまとめます。部下からの連絡も同様です。「1ページに収まらない報告書は受け取らない」と言っています。短く伝えることで考えがブレなくなります。即断もできます。


仕事もやってみないと何も生まれません。社長になる前から部下には「死なないと思ったら食べてみろ」と言っています。リスクは大きいかもしれないが、よほどひどい状況でなければ「とにかくやれ」という意味です。


新しいデジタルグッズにはいち早く飛びつくようにしています。使ってみないことには何も語れません。逆に、社員や取引先との話のネタに重宝することが多く、海外の取引先からは「最近、何か面白いものを買いましたか」と商談前に聞かれるほどです。


思いついたアイデアを忘れないように自分宛にメールします。メモメールは多いときは日に20通ほどです。毎朝、必ずこのメモメールに目を通し、終わったものは削除します。こうすると、やるべきことを確実に処理できます。


手元にメモを用意して何か思いつくとすぐに書き留めるのは長年の習慣です。以前は手書きのメモパッドを使っていましたが、2年前からすべてスマートフォンでメモを取るようになりました。とくに寝る前、落ち着いてものごとを考えられることから、様々なアイデアが思い浮かびます。忘れないようにスマホを使って自分宛にメールします。


当社では会議の電子化にも取り組んでいます。毎月1回の取締役会は全員タブレット持参で、紙の資料は一切配りません。用紙やコピー代の節約、準備時間の短縮はもちろん、会議のスピードもアップします。過去の議事録や資料が見たいときは、すぐにサーバーにアクセスして閲覧できるからです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ