井出健義の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

井出健義のプロフィール

井出健義、いで・たけよし。日本の経営者。「ヤナセ」社長。長野県出身。早稲田大学商学部卒業後、伊藤忠商事に入社。自動車アジア部長、自動車第一部長、自動車部門長、執行役員、欧州総支配人、伊藤忠欧州社長、伊藤忠ドイツ社長、伊藤忠常務執行役員、ヤナセ顧問、副社長などを経て社長に就任。

商売というものは、常識が8割、業界特性が2割でできている。


大事なのは商売の「へそ」です。では、小売りにおける「へそ」とは何かというと、お客さまに対する感謝の気持ちではないでしょうか。


会社の収益は、店舗収益の総計ですから、身の丈に合った組織、費用構造で店舗が黒字化されていれば、会社の経営も健全になる。


お客さまリストのデータ整理を怠ると、情報の正確性、新鮮さが失われてしまう。


長い歴史があると、今の会社には時代に合わないもの、既に必要がないものも残っています。仕事全体を棚卸しして、棄てるものは棄てる、必要なものは取り入れる。


ヤナセに入社した2008年10月は、ちょうどリーマンショック直後で、販売台数が前年同月比35%、40%と激減しました。これから先どうなることかと、とても心配していたのですが、そんな時でも決算では最終的に赤字を免れました。その理由は、ヤナセの売り上げ利益の3分の2が部品サービス・修理・メンテナンス・保険・中古車という保有を対象とするバリューチェーン収益で占められていたからです。つまり、残り3分の1を占める新車販売が3割減っても全社の利益で見ると10%程度の影響にとどまるのです。この収益構造により、経費削減を徹底するなどして、決算を乗り切ることができました。


金融や商社のビジネスでは、時に大化けというのがあります。いわゆる一発当たるというものですが、小売りには大化けはありません。一人ひとりのお客さまと向かい合って、1台1台、自動車を売っていく。その積み重ねだけが営業実績をつくっていくということに気付かされました。


健康のために毎朝30分から40分間歩いています。歩きながら考えていると、頭はクリアで冷静ですし、様々なアイデアや仕事のヒントが「ピン」と出てくる。ですから、歩く時間は非常に貴重なのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ