井上武(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

井上武(経営者)のプロフィール

井上武、いのうえ・たけし。日本の経営者。アパレル企業「ラブリークイーン」会長。大分県出身。大分大学経済学部卒業後、丸紅に入社。社長の一人娘との結婚を機にラブリークイーンに入社。社長に就任し、同社の経営再建に成功した。著書に『超・日本的経営で会社は甦る!』。

「一生感動、一生勉強、一生青春」が私のモットーで、常にわくわくドキドキしながら人生を楽しむようにしています。


夢を持つと、一段上の目線を持てるようになる。


人生は「七転び八起き」です。70年の来し方を振り返っても、私は直面したピンチに幾度となく耐えてきました。


実行するときには、常に全力投球で率先垂範を。


与えられた道がベストだと思うことが大切。私は自分が置かれたポジションを、そのときの「ベスト」だと思って生きてきました。


社員満足なくしてお客様満足なし。


与えられたポジションで、心血を注ぎ仕事に打ち込めば、必ず結果は出る。


私は新しい夢を描いています。その一つが「90歳でPPK」。PPKって分かりますか? そう、ピンピンコロリ(笑)。天寿を全うする直前まで健康で、家族に迷惑はかけたくないと思い、最近はトライアスロンに挑戦中です。


会長になってから、会社のことはほとんどノータッチ。後継社長に任せています。中小企業では、社長も元気、会長も元気だと社員が困るのです。トップが二人いると、どちらを向いていいのかわかりません。


株式上場にはいい面も悪い面もあります。日本には百年以上続いている会社が数万社あると言われていますが、そのほとんどが上場していません。同族による大家族主義経営で、堅実に伝統を守り、次の世代へ引き継いでいく企業が多いように思います。


経営理念の刷新には、社会の変化に適応するという意図もあります。経営理念が時代に合っているかを精査して、必要であればつくり変えることは、経営者の責務。


数年に一度、中小企業はピンチに見舞われます。しかし、ピンチは成長のための絶好の機会。落ち込んでいないで、ピンチをチャンスに変えることが重要。


望むか望まないかにかかわらず、転機は必ず訪れるものです。そのときには、商品やマーケットを変えるなど、経営者としてなんらかのアクションを起こさなければなりませんが、そのベースにはいつも経営理念がありました。


経営理念をはっきりさせることが肝要であると、私は身にしみて感じています。迷ったときは、自分が決めた経営理念に照らし合わせて、イエスかノーかを考える。そうすると適切な判断ができます。


私は3つの信条を大切にしています。ひとつ目は「与えられた道がベストだと思うこと」、ふたつ目は「経営理念を明確に」、3つ目は「ピンチはチャンス」です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ