五味一男の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

五味一男のプロフィール

五味一男、ごみ・かずお。日本のTVプロデューサー。日本テレビ上席執行役員。長野県出身。早稲田大学を中退し日本大学藝術学部放送学科に移り卒業。CMディレクターとして活躍したのち、日本テレビに入社。『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『マジカル頭脳パワー!!』『投稿!特ホウ王国』『速報!歌の大辞テン』『エンタの神様』などのヒット番組を生んだ。

いつも番組を企画するときは、初心に戻って、とにかく相手を説得できるだけの材料を集める。俺に任せてくださいよ。いいものをつくりますからなどと言っても、人は動かないですよ。


他局で放送しているものを含め、すべてのクイズ番組について、構成から視聴率まで、あらゆるデータを集めて分析したんです。なぜこの番組は当たっていて、こちらは当たっていないのか、そうやって理論付けしたうえで、自社のクイズ番組を作る場合の長所や短所も示しました。そして上司に日本テレビで新しいクイズ番組を始めるならこうすべきと縷々(るる)と説明しました。
【覚書き|入社翌年に「クイズ世界はSHOW by ショーバイ」の企画を通したときのことを振り返っての発言】


どんなに君が、今度は頑張ろうと思ったとしても、投げ出したという烙印を押されてしまう。それは日本テレビ内でも、他のテレビ局に転職しても同じこと。だからいまここで頑張っておかないと駄目だよ。


テレビ局も株式会社であり、経済原理に基づいて活動しているのだから売上を数字として残していかなければなりません。


仕事での失敗といっても、それはその人の能力の問題ではなく、適性の問題であることが多いんです。当たり前ですが、偏差値が高ければどんなことにも秀でているというわけではありません。


悪い情報が僕の耳に届かずに苦労したという経験はないですね。何かありそうなときは、「ぶっちゃけ、どうなの?」といった感じで話をします。失敗したからといって、その人の人格を全否定するわけでもありません。その仕事に向いているかどうかの話ですから、気にしないで話してみれば?一緒に話し合おうよということです。


何でもいいからとにかく頑張れと言っても、当然のことながら部下はついてきません。相手は人間です。私はまず、部下本人にとって、その仕事に取り組むメリットは何か、どうしたら本人のやる気を引き出せるのかと考えます。そのスタッフは出世欲や名誉欲が強い人なのか、あるいは報酬が高ければいいのか、それとも、ただその仕事が楽しいかどうかなのか。それは千差万別です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ