丹羽宇一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

丹羽宇一郎のプロフィール

丹羽宇一郎、にわ・ういちろう。日本の経営者、外交官。伊藤忠商事会長。愛知県出身。名古屋大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。食料第二本部長心得兼油脂部長、業務部長、取締役、常務、専務、生活産業グループ統括役員兼食料部門長、副社長、経営企画担当役員兼海外・開発担当役員兼生活産業カンパニー管掌などを経て社長・会長。主な著書に『まずは社長がやめなさい』『人は仕事で磨かれる』など。

商社で学んだことは、現場の一次情報から判断すること。


自らを律することができないトップは、誰からも信用されない。


「お前は、何様だ」と、自分に言い聞かせなければ、従業員のことを見失いかねない。


私は、自分の実力を最大限に発揮したければ平常心を失わないことが何より重要じゃないかと考えています。


すべてやり尽くすからこそ、結果がどうであれ受け入れられる。


勝負をしていれば、たとえ最善の判断をしても結果的に負けてしまうことがあります。そこからどう立ち直るのかということも、長い人生では大事なこと。


悲観的に考えて、楽観的に行動しろ。最悪を考えて準備したら、あとはうまくいくと思って明るくいったほうがいい。


人間は誰しも、予測できることであっても、悲惨な結末を見るまでは行動を起こしたがらない。


今一番大切なことは、信頼を取り戻すことだ。それなくして、世界の安定はない。


信頼が得られれば、必ず利益はついてくる。


部下と信頼関係を築くことができなければ、上司としても失格。


若いときに金儲けなんか考えるのは、ロクなものにならない。金儲けを目的にしたら、多少のことならと悪いことをしてでも金を儲けたいと思ってしまうものです。これは人間の本性です。金を追っかけてはいけない。


出世やお金という目先の欲で突進すれば、人間は卑しい本性が現れてしまいます。ですから私は、利益よりも信頼が先であることを常に意識してきました。


信頼を得るにはどうすればいいのか。私の考えを言えば、その基本は、「誠実さ」と「言行一致」。この2つに尽きます。


いついかなる場合も、国民の益を一番に考えて行動できるのが、真の政治家。


ナショナリズムを煽動する方向に舵を切って国が栄えた例は、歴史上ひとつもない。


会社の会長、社長や国のリーダーなどトップに立つ人は私人でなく公人であり、その発言は「ファイナル・ワン」。つまり、後で「あれはこういう意味だった」とか「個人的な意見」などといくら説明しても取り消すことはできません。


私が商社時代、部下に取引先と信頼関係をつくるために言い続けてきたことは「お金儲けのために仕事をするんじゃない」「金を追っかけていったら、逆に金は逃げるぞ」ということです。


逆境に強い人がいるわけではなくて、逆境が人を強くするんです。


スランプを感じるのは、その人が一生懸命仕事に打ち込んできたからです。


私は人のDNAにほとんど違いはないと考えています。一流と二流を分けるものは、継続した努力以外にはありません。


人間の底力は「仕事×時間」で決まるものです。「俺はこんなに頑張ってきたんだ。努力の量は誰にも負けないぞ」という思いが、いざというときに自分の支えになります。


何のためにやっているのかよくわからないのに、とにかく時間を費やしているのは努力するふりをしているだけです。正しく努力するコツは、「何のために」という目的を常に意識することだと思います。


「コツコツ努力することはカッコ悪い」という悪口は、努力する才能のない人の僻(ひが)みです。「悔しかったらお前も努力してみろ」と言い返してやればいい。


努力こそ才能なんです。ビジネスマンでいえば、人が遊んでいるときも、我を忘れて仕事する。仕事のことを考えて気がついたらもう夜中になっていた、というくらいに三昧境(さんまいきょう:無我の境地)で働く。一流の人はみんなそういう経験をしてきたはずです。


リーダーというのは、常に弱い人の味方でなければいけません。強い人は放っておいても生きていけますから、弱い人にも平等に機会を与えていく。そういう温かい血を養って、初めて人の上に立てるんです。


若いうちに苦労をすると、精神的に強くなるだけでなく、人間性も磨かれます。逆境や苦労を経験すると、人の痛みがわかるようにもなります。そして、人に優しく、温かい視線を持つようにもなります。こうした人間的優しさというのは、人の上に立つ人には絶対に必要なものです。


北風に身をさらす経験をすれば人は鍛えられます。だから配属部署は、儲かっている部署よりも、儲かっていない部署の方がいい。貧乏な部署で、「なんで俺はこんなに努力しても恵まれないんだ」と悔しい思いをしながら、それでも人や環境のせいにせず、必死に乗り越えようとしている人は間違いなく成長します。逆に、大儲けをしている部署に入って恵まれた仕事をしていたら、よっぽど高い意識を持たないと強くなれません。だから、「逆境はチャンス、順境はピンチ」なんです。


自分の利益よりも、まずまわりの幸福を考える。それがリーダーの条件だ。


経営者は、周囲から「あいつは頭がおかしいんじゃないか」と思われるくらい、確固とした信念を持たなければ、社員はついてきません。


黒塗りの車で送り迎えなんていう生活をしていたら、世間の常識とどんどんズレてしまいます。私はそれが怖いのです。
【覚書き|伊藤忠社長就任後も、電車通勤をつづけた理由を聞かれての発言】


あくまでも一部の出来事にすぎず、だからこそメディアが取り上げる。現場を自分の目できちんと確認することです。自分で判断を下す人には、とくにこれが必要でしょう。
【覚書き|マスメディアが流す情報が現場と乖離していることがよくあり、実際に現場に行かないと本当のことはわからないという趣旨の発言】


企業には賛成多数で決める人事はひとつもありません。だから、企業の不祥事は全部、トップの責任です。トップが責任をとらないのは許されないことです。


教育の本質は、個々人の個性や人間性に一対一で、どう向き合うかです。経済は、勝つか負けるかしかないですが、人間の生活は勝つか負けるかだけじゃありません。


誰もが持つ「動物の血」は隣同士の矮小な競争へと私たちを駆り立てようとします。しかし、本当に大切なのは、いつか訪れる死の瞬間、自分は人の役に立つ仕事ができたと思い返せる偽りのない生き方です。もし、どこかに強欲さがあれば、謙虚な気持ちで原点に戻り、勉強を重ねることです。努力する人間を社会は決して放っておきません。どこかで誰かが見ていて光をあてようとします。


本を読むことは、時空間を超えて自分では体験できない経験をすることです。すると、自身が経験した漠とした不思議さが先人たちの経験と結びつき、普遍化されます。私は多忙を極めた社長時代も年間60冊は読破していました。


困難な課題に直面したとき打開するために必要なのは、「自分は間違っていない」という能力の過信でもなければ、「自分は間違っていた」という全否定でもありません。信念は持ちつつも、困難な状況に応じて自らの思考を開いていく謙虚さです。また、人は苦しい状況になるほど人の痛みがわかるようになります。他者への共感は、他者とともに困難に立ち向かう場を生み出します。やがて、これまでにない知恵と力が生まれ、状況が変わり、不可能が可能になります。


9年間にも及ぶアメリカ勤務中と帰国後の数年間、食料畑を歩んでいた私は「アメリカの農業については誰にも負けない」といえるだけの力をつけようと、「アメリカ」と名のつく本は農業関係を中心に片っ端から買い集め、読破しました。駐在中も頼まれて、商品市場の記事を日本の新聞に書き、帰国後は一課長の立場で業界紙に「アメリカ農業小史」などの論文を執筆し、学者相手のディスカッションもこなしました。アメリカ農務省の最新データと現地での経験を持つ私の方が、学者より遥かに詳しく、「伊藤忠に丹羽という男がいる」と認められるようになっていました。


アリのように働き、経験を積めば、仕事に関する様々な知識を覚えることができます。ただ、その多くは言葉で表現できない暗黙知で、そのままでは概念化できません。そこで勉強を通した形式知を得ることで経験と理論が結びつき、トンボのような複眼的な思考を身につけることができるのです。


職業人生でより重要なのは40代前半から次の10年間でしょう。組織の中枢を担うためのマネジメント力が問われるからです。経営の真髄は人的資産をいかに運用管理するかにあります。とすれば、人間はいかなる存在か、その本質を知ることにこそマネジメントの原点はあります。それは自ら苦しい経験を重ね、そして読書などで先人たちの数多くの経験を知ることによって初めて得られます。


読書で何を読むかは人それぞれで、「これを読みたい」と思う本を読むのが一番です。一冊の本を読んで、心に刻む言葉がひとつふたつあれば十分です。それが頭と心に栄養を与えます。そして、同じ本に接しても自立と成長を志向する意識がない限り、情報は流れていくだけです。


30代前半から40代前半までの10年間は、自分が関わっている仕事について日本一、いや、世界一になるつもりで勉強することが重要です。学者と議論しても負けないほど勉強を重ねる。自動車業界に身を置いていれば、「自動車」と名のつく本はすべて買うぐらいの覚悟が必要です。並大抵の努力ではできません。


入社して30代前半までの最初の10年間は、アリのようになって働くことが重要です。若い時期に人生を切り開くために必要な、仕事の基本を体に覚えさせるのです。力を出し切るまで働くという意味を込めて、私は「泥のように働け」と言っています。


誰がやっても傷だらけになるなら、俺がやればいい。
【覚書き|駐中国大使に任命されたときに周囲に語った言葉】


エリートなき国は滅びます。国だけではなく、エリートなき企業も滅びます。どういう人をエリートと呼ぶかよくよく考えなきゃいけない。人に尽くす喜びを本当に感じている人こそが、真のエリートになる資格がある。


みな平等で、同じように育ち、同じように働き、同じような給料をやっていく。おそらくそれは難しいでしょう。しかし、格差が固定するようではいけない。流動性、つまり機会の平等が確保されていなくてはいけません。


株式会社の歴史なんて、たかだか120から130年そこらです。世界最初の株式会社は1600年に設立された英国の東インド会社ですが、会計制度が確立されたのは1870年代の終わりのヴィクトリア王朝の時代でしょう。いまの株式会社の形態がずっと続くという必然性はありません。


私は正規雇用と非正規雇用という呼び方は変えるべきだと思うんです。パートタイムであろうと、フルタイムであろうと働けば税金を納めますから、その分、日本の財政は改善されます。納税者ということで見れば、正規も非正規もありません。


日本は資源が乏しく、武器となるのは人と技術しかありません。私は頭脳流出だけでなく、若い人の理工系離れについても危機感を持っています。これから少子化で人はどんどん減りますから、技術まで落ちぶれたら日本経済の将来に大きな支障をきたす可能性があります。アメリカも理工系学生が減ってきたそうですが、奨学金と先生を増やしてテコ入れすると言っています。中国もドイツも同じように理工系離れを食い止めようとしています。


明日は今日より良くなると、みんなが夢を持てる社会にしないかぎり、日本の未来に光が昇る時期が遅くなることは間違いありません。


正社員を減らして非正規社員を増やせば、企業は人件費を減らすことができます。しかし、それは言葉を換えれば、労働力の使い捨てにほかなりません。最初から長期間雇用するつもりがなければ、教育しても仕方がないので、どうしても企業の人材育成は疎かになります。また、同じ職場で長く働くことで可能だった技術継承もできなくなります。


若い人には、世界で一流の人とつきあうように言っています。日本人だけを相手にしているようでは視野が狭い。仕事の本当の深さを知ることができません。若い人には、ぜひ世界の現場に出て、本物の一流を知ってほしい。


自分の仕事に関することを、一流のレベルになるまで勉強すること。残業が多いのもいいとは言えませんが、早く帰って遊んでいてもいけない。毎日、30分でも、勉強の時間を取るべきです。


相手との信頼関係よりも、自分の都合や論理を優先しなければならなくなったとき、陥りがちなのが、「丁寧に説明すればわかってもらえる」というような考え方です。しかし、これは間違いです。いったん信頼にヒビが入ると、いくら説明しても、言い訳をすればするほど、自分が信頼を打ち壊したという確信犯になる。


いったん信頼にヒビが入ったら、「私はそんな人間ではありません」といくら説明しても、いくらお土産を持っていっても、あるいはお金を出しても、信頼関係はそう簡単に取り戻せるものではない。


仕事というものは、価格とか技術力による品質というよりも「人間力の勝負」、つまり人格と人格の戦いであると思います。


この商品はなかなか故障しないで長持ちするとか、相手に都合のよいセールストークを並べて売れるだけ売りつけて、あとは知らん顔では、一時的に売上が上がったとしても、長続きしません。まして、もしそれが嘘八百を並べていたとわかったら、もう二度と買ってくれない。相手の信頼を裏切ってはどうしようもない。いったん信用を失ったら、いくらお金を出しても信頼は取り戻せません。


これからリーダーになろうとする人は、相当に人間性が問われることを覚悟したほうがいい。平社員のころのように、目の前の仕事だけをひたすらやっていればいいというわけではありません。新規事業に参入するとか、海外でプロジェクトを立ち上げるとか、そうした大きなビジネスを展開する局面では、「どんを人間がやっているのか」ということが重要な要素になるので、相手と信頼関係を築けなければ、仕事になりません。


長期的にビジネスを成功させていくためには、自分の会社のみならず、相手の会社にもプラスになるようにしなければならない。フェース・ツゥー・フェースでぶつかり合って、お互いに信頼関係が生まれて「この人となら」と思えたときから、ビッグビジネスへの機会が生まれるのです。


トップに立つことができたのは、自分の実力だと考えるのは思い上がり。本当に稼いでいるのは国民であり従業員である。そのことを忘れていないだろうか。


経営でも、相手と5分くらい話していて「この人は相当出世する」とピンとくることがあります。そうした直感は、若くて経験が足りないときはよくわからなかった。人生経験だったり、自分の専門分野の経験を相当積み重ねて、ようやくひらめきが働くのでしょう。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ