丹下大の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

丹下大のプロフィール

丹下大、たんげ・まさる。日本の経営者。「SHIFT」社長。広島県出身。同志社大学工学部機械工学科卒業、京都大学大学院工学研究科修了。インクスを経てSHIFTを設立。

当社の強みはとにかくテストの部分を入念に行うところです。むしろ入念過ぎて顧客から「そんなテストしなくていいよ」と言われるぐらいです(笑)。


テスト一本でやっています。専業のプレイヤーであるということです。現在、日本のソフトウエアの産業は12兆円程の市場と言われており、その中でテストの市場は約4兆円あると言われています。しかしそこで事業を行うプレイヤーは数社しかなく、しかも同業他社と呼ばれる企業はみんな本業が別にある企業です。ですから専業会社である当社にとってはポテンシャルがあり、伸びやすいマーケットなのです。


ソフトウェアテストを誰もやりたがらないのは、一言で言うと、単純作業で知的に見えないのです。だからこそ、そこに自分の会社のエンジニアを使いたくないのです。以前、ある上場企業の社長から食事に誘われたのですが、この会社は当時株価がすごく低迷しており、当社からヒントをもらいたいということでお会いしました。ただその方が最後にこう言ったのです。「よくそんなつまんない仕事やっているよね」と。私はその言葉を聞いたときに、やっぱりこの仕事は当社しかできないと確信しましたし、同時にこの方はだからビジネスがうまくいっていないんだなと思いました。


ソフトウェアテストに関しては誰もやりたがらないので、サービスを施す会社がない。そこを私たちが気合を入れてやっているということが、伸びている理由だと思っています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ