丸山輝の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

丸山輝のプロフィール

丸山輝、まるやま・あきら。日本の経営者。賃貸人保証事業などを展開する「フォーシーズ」社長。福岡県出身。高校卒業後、不動産会社勤務などを経て独立。フォーシーズを設立。そのほか、社団法人賃貸保証機構理事などを務めた。著書に『家主破綻』。

全国の拠点を結んで毎朝、テレビ会議を開いています。現場で起きた個々の問題を、目分ごととして全員で共有。スピーディな業務改善にもつながります。


面倒で、あまり人がやりたくないことを引き受けて実行することが、当社にとっての社会貢献。


社内の風通しをよくするには和気あいあいとした雰囲気も重要。毎月1回、終業時刻を過ぎてからアルコールやソフトドリンクを飲みながら話し合う「飲み会議」をグループごとに開いています。社内の会議室などを使って1時間半ほど行い、残業代も出します。議題は業務に関する様々な事柄で、議事録も取ります。最後に参加者同士でハイタッチをしたりスクラムを組むと、職場の一体感が醸成されるのです。


社員全員が財務諸表を見られるようにしています。労務管理責任者以上が参加する毎月の取締役会の議事録、グループごとに全員で決める予算や経費、全社員の給与や手当などもすべて「見える化」されています。グループごとの社員一人当たりの粗利益も社内で共有化しているので、-人ひとりがその数字に納得し、責任を持って仕事を進めています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ