丸山康幸の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

丸山康幸のプロフィール

丸山康幸、まるやま・やすゆき。日本の経営者。フェニックス・シーガイア・リゾート社長。東京都出身。一橋大学社会部、および同大学経済学部卒、ノースウェスタン大学経営大学院でMBA取得。三菱商事、日本ゼネラル・エレクトリック小型モーター制御機器部門アジア責任者、GEキャピタルエジソン生命執行役員(東邦生命保険の再生担当)、田中康夫知事のもとで長野県産業活性化・雇用創出推進室長、長野県商工部産業活性化・雇用創出推進局長、長野県財政改革検討会座長を経たのち、破たんしたシーガイアの立て直しを任される。開業以来初の黒字化を達成した。

チームが一番大事な仕事に専念できるよう、環境を整えることです。それが経営者の最も大切な仕事ではないかと思っています。


スタッフに対して、気は心だとよく話しています。あと一歩お客様の方に近づこう、と思って取り組めば、それは必ず相手に伝わります。


これまでの仕事で上手くいった方法の中には、ここシーガイアで通用するものもあるはずです。そこで、過去にお世話になった各分野の専門家を現地に招き、スタッフと一緒に働いてもらいました。私が前に出るのではなく、スタッフがディスカッションを通して専門家から直接吸収できるようにしました。


社内の意思決定スピードを速め、会社内の経営状況などは隠すことなく公開し、スタッフにもオンとオフの切り替えを心がけてもらいました。


我が社の場合、一番大切なのはお客様に喜んでいただくことです。お客様は心も体もリラックスしたいと思って、はるばる宮崎まで足を運んでくださる。旅から帰ったとき、家族や友人に「シーガイアよかったよ」とひとこと言って下さるかどうか。顧客満足を高めてリピーターになっていただき、さらにクチコミを広めていくことが、我が社の活路となると考えました。


意識改革をしよう。という抽象的な言葉をかけても、人は動きません。何がよくて何が悪いのか、その判断がしやすいよう「一番大事なこと」を軸に、すべての仕事を単純化しました。


まずは環境を変えることから始めよう、そう思った私は、社長に就任したとき、全スタッフの前でこう言いました。「私は素人だから助けてください。そして、リゾート事業においては素人ですが、次の3つのことはみなさんに約束します。(1)判断は速くする。(2)会社の現状はつまびらかにして伝える。(3)試行錯誤は大歓迎です」と。


社長になったときから、私はこのシーガイアの敷地内に住み、現場を歩いて自分の目で現状を確かめました。スタッフに話を聞いて回り、すぐに感じたこと、それは、まじめで責任感の強いスタッフばかりだということです。同時に、もっとお客様を中心にした仕事ができるはずだと思いました。


これまで私は様々な事業に携わってきました。その結果を通じて私が実感しているのは、経営においてリーダーとスタッフの責任は8:2くらいでリーダーの方が重いということです。スタッフが自分の仕事に100%の力を発揮できないのは、そのような環境をつくれないリーダーに責任があります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ