中溪正樹の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中溪正樹のプロフィール

中溪正樹、なかたに・まさき。エア・ドゥ(北海道国際航空)社長。日本航空を経て技術ブレーンとしてエア・ドゥ(北海道国際航空)に移籍。同社で社長を務めた。日本ビジネス航空協会副会長

経営者は森を見ろと言います。しかし、一本一本の木が見分けられない状況で、森を見ても意味はありません。必要に応じて現場に入っていき、より良い知恵を共に生み出そうと努めることが重要です。


エア・ドゥはゼロから一つの航空会社を築き上げるのですから、現場と一緒に知恵を出していかなければ、就航すら難しかったでしょう。


能力か権力か自問自答しているからといって、常に正しい判断を下せるわけではありません。しかし、率いられる部下の立場からすると、自問自答ができる上司の方が望ましいでしょう。自問自答どころか、もともと能力がない人が権力を持ってしまったら、これは祭り上げてしまうしかないですね。


能力と権力は明らかに異なるのに、世の中にはそれらを区別できない人がいます。自分では能力を発揮したつもりでも、周囲からは権力の乱用としか映らない。ですから私は、部下に何らかの指示を示したあと、「いまの指示は本当に能力によるものか、権力ではなかったか」と自問自答するよう心掛けてきました。


日本航空の関連会社からエア・ドゥへと職場が変わる中で、私は一貫してある人生訓を持ち続けてきました。それは、「能力は最大限に、権力は最小限に」です。経営者や中間管理職が仕事をするとき、能力を使えば使うほど周囲を幸せにします。経験に裏打ちされた知識を活かし、適切なアドバイスをすれば、部下はより良い成果を上げることができるからです。一方、権力は行使すればするほど周囲を害します。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ