中沢光昭の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中沢光昭のプロフィール

中沢光昭、なかざわ・みつあき。日本の経営コンサルタント。投資会社、経営コンサルティング会社などで約20年企業再生業務に携わったのち独立。著書に『経営計画はなぜうまくいかないのか?』『好景気だからあなたはクビになる!』。

非常時には「遠いところから切り離す」のが会社です。従業員を辞めさせる時は、同じ実力であれば、自分が知っている人よりも、知らない人の方が辞めさせやすい。日頃から存在感をアピールすることで、いざという時に生き残れる可能性は高まります。


新規事業のアイデアや、日常業務の改善案を提案できる社内公募は、応募するだけで好感度を上げることができます。というのも、多くの社員が「どうせ採用されない」と考え、何も提案しないからです。


「自分の話を聞かない人」や、「何を考えているのか分からない人」に対して、誰もいい印象を持ちません。あなたが避けている相手は、あなたのことを「自分の話を聞いてくれなさそう」で「接点がほとんどないから、何を考えているか分からない」と思っているはずです。そんな状態では、自分が苦手に感じている人からだけでなく、周囲の人たちからの評判も悪くなってしまいます。


好感度が高い人は、仕事のチャンスに恵まれます。チャンスが多い分、成功の絶対数が増える。成功回数は評価に大きな影響を与えるので、「あの人はデキる」と評判になる。好評価がさらに好感度を高めるので、またまたチャンスが増える。


会社の仕事は、チームプレーで進めるものです。1人の力だけで成否が決まることなど、めったにありません。ごく一部の例外を除き、個々のビジネスパーソンの能力に大差はありません。仕事のチャンスをつかみ、評価されるのは、周囲から「一緒に働きたい」と思わせる人です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ