中條高徳の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中條高徳のプロフィール

中條高徳、なかじょう・たかのり。日本の経営者。アサヒビール飲料(のちのアサヒ飲料)会長。長野県出身。学習院大学文政学部政治学科卒業後、アサヒビールに入社。東京支店長、取締役、大阪支店長、常務取締役営業本部長、代表取締役副社長、アサヒビール飲料代表取締役会長、アサヒビール名誉顧問などを歴任。そのほか、社団法人日本国際青年文化協会会長、日本戦略研究フォーラム会長、国家基本問題研究所理事、日本会議代表委員、同台経済懇話会副代表幹事などを務めた。

小さくてもポジティブな動きが全体に波及していけば、やがて大きなうねりとなり、組織は生き生きと輝き出す。


組織のコンセンサス(合意形成)の強さは、リーダーの信念の強さと正比例する。


やって失敗が見えたら、「見えただけでもありがたい」と思う。


リーダーは本来、決断のためのみにいる。


気を抜くとリーダーというものは、「地位=権威」という錯覚をし始める。


攻撃は防御の最高の在り方であるが、その逆に防御は攻撃のかわりになりえない。ビジネスの世界にもぴたりと当てはまる理念である。


リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。


「統御」とは、部下を心酔させるという意味です。統帥綱領にも、「上官は部下から仰いで富岳(富士山)のごとくでなければならない」と書いてあります。日本人にとって富士山というのは、きれいで清々しく、登ろうと思えば近づく事も出来る。しかし少しの油断が死を招く。そういった上に立つ者に必要なあらゆる条件を備えています。


予算未達すればそれが死です。負けた時には責任をどこにも持っていけない。今は「景気が悪い、政治体制が悪い」と他責に逃げる。そんな事を言った所で、自分が潰れてしまえば何にもならないはずです。


お客様の立場に立ち考えることにたどり着くには、挫折という要素が必要です。失敗した人は、人やお客様の心がよくわかる様になります。事業に失敗しろとは言えませんが、他社の経営経験談など、過去の事を学び経験を補填していかなければなりません。


昔は、「誰が見てなくともお天道様が見ている」といって、恥じらう文化を持っていた日本人が、戦争に負け、そういう良き考えも「戦前の物=悪」として接してきている。それは本当に間違いです。


日本の教育では、人間学ではなく事務学を教えています。人間学とは、人間としての幅を広め、奥行きを深くしなくてはならんという学問。それに対し、事務学では、戦後アメリカナイズされ、要領だけがよければいいと教えています。それが原因となり、今まで国のリーダーを輩出してきた有名校が、大学受験の試験科目にない歴史の授業をカットするということが起きてしまいました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ