中村真一郎(小説家)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中村真一郎(小説家)のプロフィール

中村真一郎、なかむら・しんいちろう。日本の小説家、評論家、詩人、劇作家。大正時代、京都出身。開成中学、一高を経て東京帝国大学文学部仏文科卒業。学生時代から創作活動に励み、太平洋戦争中に書きはじめた長編五部作が評価を受け小説家としても活躍しはじめた。主な受賞に『この百年の小説』で毎日出版文化賞、『夏』で谷崎潤一郎賞、『冬』で日本文学大賞、『蠣崎波響の生涯』で藤村記念歴程賞、『蠣崎波響の生涯』で読売文学賞評論・伝記部門賞など。

人間が自分を自分から馬鹿だというのは、自分に対する侮辱だし、また下らぬ自己逃避だ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ