中村末広の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

中村末広のプロフィール

中村末広、なかむら・すえひろ。ソニー中村研究所社長、ソニー副社長。鹿児島県生まれ。ソニーのテレビ事業に尽力した人物。イギリスに赴任し、低迷していたテレビ販売事業を再生させた。平面ブラウン管ベガの開発とブランド確立を行ってソニーの国内テレビ事業も復活させた人物

技術者の情熱さえあれば、小さな夢が100倍の力を持って世の中を変えるようになる。井深大さんが残してくれた財産はたくさんありますが、一番大きなものは夢を形に変える情熱の力ではないでしょうか?


私自身、ソニーでワクワクするようなモノづくりの醍醐味を存分に堪能してきました。1990年代半ばにテレビの量産化を競う一種の技術コンテストを実施したときの話です。ある若手の技術者が、ガラスの内側と外側の冷やし方を変えることで、ブラウン管の厚みを薄くできるアイデアを挙げてきた。自動車のフロントガラスは衝突しても粉々になったりしないでしょう。あの製法を応用して、テレビを軽くしようと思いついたんです。ところが残念なことに、その年の軽量化プロジェクトには間に合わなかった。この技術者がユニークなのは、軽量化がダメなら他の使い道はないかとその後、頭を切り替えて、平面ブラウン管を思い浮かべた発想の転換だった。世界初の平面テレビ「ベガ」として大きな果実をもたらしてくれることとなった。


ソニーが持っているモノづくりのエネルギーは決して失われていない。どれだけ技術がデジタル化しても、創造の原点は技術者が頭の中に秘めている発想やアイデアのユニークさにあるのです。さらにその発想を形に変える組織としてのエネルギーがあれば、一時的な遅れなど絶対に取り戻すことができる。


私は最近、1・10・100の法則なんてことを申し上げているんです。技術者が頭の中で考えたちょっとしたアイデアがあります。そのひらめきを事業化するために、直属の上司や周辺の関係者を説得してみせる。これだけではまだ十分ではありません。本当に大きな成果を得るためには、大きな組織を動かして、製品を量産の軌道に乗せる必要がある。最初は1の力しかなかったひらめきが、10の力でプロセス開発・商品開発を行い、100の力で市場を説得してあらたな産業を生み出していく。だからこそモノづくりは楽しくてやめられない。


エンジニアが夢を見る力を失わず、企業がその夢を支援する力を失わない限り、日本のモノづくりがずるずる衰退するようなことはありません。私自身、これからも若き後輩たちとともに、夢を100倍にするお手伝いを続けていきたいと願っています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ